フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


娘の音楽教育の成果
ようやく日本に帰国しました。ここでこの1年間の成果をいろいろな観点で整理しておきたいと思います。

娘が1年間フランスで音楽の教育を受けてみて親子とともにいい経験ができました。フランスでもトップのバイオリニストでもあるガルシア先生には音楽で表現することを教わりました。いつも陽気な先生はバイオリンの技術だけでなくバイオリンを弾きながらもっと笑顔をつくるように指導され最初のうちはよく意味が分からなかったのですが、先生のコンサートを聴きに行くと全身を使って表現するというのはこういうことだと分かりました。僕にはまだ音楽だけを聞いてその人のメッセージを理解することは難しいのですが、普段のレッスンでのコミュニケーションとあわせるとなにかがつたわってきました。この先生に会えて音楽とは何かについてこれまでとは違う定義を持っている人に出会えた気がします。

日本人の先生にもとてもお世話になりました。日本の音大を出てフランスに留学しているぐらいだからバイオリニストとして優秀なのは当然ですが、子供に教えるのも上手で娘も大好きな先生でした。バイオリンの技術だけでなく日本とフランスの違いに戸惑っていたときにそれを橋渡ししていただくこともできました。音楽家とはどういう人たちなのかや音楽家になるためにどういう努力が必要なのかなどを教えてもらえたのも今後の参考になりました。

それとフランス各地やヨーロッパのいろいろなな国でのコンサートに行ってみてクラシック音楽がより身近な音楽として楽しまれていることが分かりました。コンサートホールで行われるオーケストラのコンサートだけでなく教会、フォンテーヌブローのシャトーや公園のコンサートなどいろいろ行きました。フォンテーヌブローのような田舎の町でもとてもレベルの高いコンサートが行われています。

ヨーロッパ・フランスの人たちにとってのクラシック音楽が日本でのクラシック音楽のイメージとは違っていて、そのフランスの中で1年間過ごせたことが収穫でした。演奏技術であれば日本でも世界のトップを狙えるのかもしれませんが、それ以外の部分については日本のアプローチをヨーロッパでは評価されないように思いました。僕にとっては留学前は最も縁遠い世界だったアートの世界で生きている人と話をして仲良くできる人ができたことや、音楽を楽しめるようになれたことは大きな変化でした。



バンクーバーの日本食
バンクーバーではマクドナルドやサブウェイなどのアメリカのファーストフードチェーンもたくさんありますが、同時に日本食も含めたアジア料理がたくさんあります。しかもこの日本食のレベルが高い!寿司、天ぷら、揚げだし豆腐や餃子なども日本のファミレスぐらいのレベルにはあり、値段も1,000円ちょっとぐらいでお腹いっぱい食べれて手頃。

ここにはたくさんの日本人やアジアの人が来ているからでしょう。町を歩いていても日本人がたくさんいますし、現地人っぽい人に英語で道を聞いたら、現地在住の日本人ということもありました。(最近は金持ちの中国人にとっての人気の移民先でもあるそうです。)地理的に日本に近いということもあるのでしょうが、過去にこちらでたくさんの日本人ががんばってきた結果なのでしょう。これだけ日本が受け入れられている外国があるのかと勇気づけられました。

文化的にも距離的にもだいぶ日本に近づいてきたところで、いよいよ明日は本当に日本に帰ります。



カナダのワイナリー&缶詰工場博物館見学
バンクーバーの隣町であるRichmondにはワイナリーがあり、せっかくなので行ってきました。コンサートに続いてワイナリー訪問ということでフランスにいたころとやることが変わりませんが、これが趣味だし欧米の違いが見れて面白いかなと思っていくことにしました。

ワイナリーに行って驚くのがそのラインナップです。ブルーベリー、クランベリー、パッションフルーツなどで作ったワインが並び、ブドウで作ったのはアイスワインのみです。アイスワインはブドウの実が凍るような時期まで収穫を遅らせて、糖度が濃縮されたブドウで作ったとても甘いワインです。

なんでこんなラインアップかというとこれがこの地域の気候に合っているからでしょう。日照時間や気候を考えると赤ワインは作れないし普通の白ワインにするよりもアイスワインのほうが特徴が出せるでしょうし。ブルーべりーとかのフルーツはヨーロッパだと普通に食用でデザートに使うことが多いのですがワインにはしないので、アメリカ・カナダ人だからこそ思いつくことなのでしょう。味はまあ面白いのですが、問題はどう使うかですね。赤ワインや白ワインのように肉や魚の料理とあわせるのは難しそうなので、食前酒かデザートにあわせるとかカクテルに入れるとかするとユニークなものが出来るかも知れません。

最近になって中国系の資本が入り、日中韓マーケット向けの輸出を強化しているそうです。アイスワインのような甘いワインはアジア人に受けることが多いので、アイスワインで勝負するのは効果的なアプローチだと思います。結果もうまくいっているようで、いきなりこの地域では有力な輸出向け製品を持つ企業になったそうです。こんなワインづくりもあるのかと驚きました。


その後Richmondの先にあるフィッシャーマンズワーフに向かいます。ランチは新鮮なシーフードをと思うのですがそれらしきものはなく、フィッシュ&チップ(魚のフライにフライドポテト)にクラムチャウダーという普通に街中で食べれるメニューになりました。でもこの地域のレストランはみんなこれを売りにしているのでこんなものなのでしょう。

ランチの後には缶詰工場博物館に行きました。この地域は昔はカナダらしく鮭がたくさん獲れたので、これを保存するための缶詰工場が今は博物館になっていました。当時からの漁の様子や鮭の缶詰の製造工程を見学します。息子は漁船に、娘は製造工程にそれぞれ興味を持って楽しい見学になりました。Richmondはこのあたりでは有力な漁港だったそうですが鮭が中心で鮭の話でおしまいでした。

このあたりは築地市場のようなところを期待していたのでちょっと残念。でもカナダのローカルの食文化に触れることができておもしろかったです。



バンクーバーの美術館
ヨーロッパに行ってからはまっている美術館まわりの続きで、バンクーバーの美術館も行ってきました。薦められたのがVancouver Art Galleryです。

www.vanartgallery.bc.ca

この時期は特別展で”KRAZY! The Delirious World of Anime + Comics + Video Games + Art”というのをやっていました。最初はアメリカの新聞の四コマ漫画のようなものからはじまるのですが、途中から日本の漫画、アニメ、テレビゲームが展示されています。

もう日本が誇るコンテンツ満載で日本の文化紹介のようです。美術館の展示なので漫画やアニメのストーリーを全部紹介するわけではないですし作品も僕の知らないものばかりですが、アートとして見てみるとなかなか味がありました。もう漫画・アニメはアートになってしまったのだと驚きました。子供のころに“漫画やテレビのアニメやテレビゲームばかり見ているとバカになる”と親に怒られましたが、今なら”アートを鑑賞している”と言い返せるかもと思いました。

その後カナダの女性画家の絵画の展示も見ましたが、カナダの自然とそこにいる人々を描く感じに独特のものがあり楽しめました。

バンクーバーまで来るとヨーロッパの絵画が展示されているわけではなく、日本文化紹介とカナダ・アメリカの作品の組み合わせがみられるまったく異なる雰囲気の美術館で遠いところまで来たのだなと思いました。同時に日本が近づいてきていることも感じました。



バンクーバーのコンサート
ちょうどバンクーバーに滞在している時期にFestival Vancouverという音楽祭のようなイベントがおり、たくさんのコンサートが行われていました。テーマは”Classic, World, Jazz”でWorldは南米が多いようですがアフリカ、アジア、北欧なども出てきてかなり多彩です。

http://www.festivalvancouver.ca/

そんな中でクラシックのピアノのコンサートに行ってみました。演奏はニューヨークのジュリアードで学んだあとに演奏家として活動し現在はバンクーバーのトップの大学でも教えているピアニストで、レクチャーとその間に演奏もしてくれます。テーマは”アメリカのクラシック音楽の作曲家”です。

そのピアニストは20代後半のころにある作曲家から”音楽とは何か?”と問いかけられたそうです。このピアニストはその時にはいろいろと難しい技術論を展開したが作曲家は”音楽とは歌と踊りだ”と答えたそうです。心の底から湧き出てくる感情を歌と踊りで表現することが大事だそうです。そしてそれぞれの人によって感情を表現する歌と踊りは違います。ドイツやイタリアの人とアメリカ人では違うでしょう。それがアメリカ人の作曲家の音楽につながります。アメリカの作曲家の曲をいくつかピアノで演奏してくれましたが、ジャズなどの影響を受けたのかヨーロッパでは聞いたことのない音楽でした。

アメリカで作曲家というとやはり代表はガーシュウィンです。彼もピアノや室内楽の曲だけでなくミュージカルや映画の曲も作曲しているアメリカっぽい人です。代表作はラプソディーインブルーでジャズとクラシックを融合させた曲と評価されてもいます。のだめでも出てきましたし僕も好きな曲ですがやっぱりヨーロッパでは出てこない音楽です。ヨーロッパでも20世紀や現代の作曲家の音楽も聞いてきましたがアメリカとは違う方向に進んでいます。

作曲家との関係については作曲家の作曲した時の状況や感情を理解してそれを表現することが大事だと言っていました。生きている作曲家の曲を演奏するときには作曲家といろいろと議論し、時には自分の好きなように演奏できないので大変だと言っていました。ここまではヨーロッパでも一緒ですが違いは古い作曲家の曲に対するアプローチです。”もう死んでいる作曲家は直接いろいろ注文してこないから楽です。調べるのもWikipediaとか使えばいいし。”と冗談ぽく言っていましたがそんなことをヨーロッパで聞いたことはありませんでした。うちの娘がモーツァルトが好きと言った時には”技術的には弾ける曲もあるけどモーツァルトを上手に弾くには恋愛をしないといけない。それもドロドロの恋愛のほうがいい。だから5歳だとまだ早いかな。”と言われました。

バンクーバーでクラシック音楽のコンサートに行けば欧米の比較ができて面白いかなと思って行ったのですが、アメリカとヨーロッパのクラシックは違いすぎました。同じ曲を同じレベルの技術の演奏家が演奏するとしても表現したいものやそのアプローチが異なると出来上がる音楽は変わってくるはずです。アメリカのクラシック音楽とフランス、ドイツ、イタリアのクラシック音楽とは似て非なるものとして考えていった方がよいだろうなと思いました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。