フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼稚園のお楽しみ会
土曜日に娘の通っている幼稚園でお楽しみ会のようなイベントがありました。日本の幼稚園では入園式、卒園式、運動会など父兄参加で母親が大活躍のイベントがたくさんありましたが、フランスでは1年間通って最初で最後のイベントです。

3時集合なので行ってみると親子がたくさん集まっています。まずは子供達は全員で10曲ほど歌を披露しました。娘によるとほぼ毎日練習していたそうです。フランス語、英語、そして日本語の童謡も2曲含まれています。実は4月頃に幼稚園の先生から簡単な日本の童謡を紹介して欲しいと言われ、娘が英語の授業で習った「幸せなら手をたたこう」や「10人のインディアン」を英語で歌っていたので、その歌なら日本語にも訳されているといって紹介したところこの2曲が選ばれました。日本語の発音もバッチリで元気よく歌ってくれました。子供の様子をみんな必死になって親がビデオで撮影するのは日本もフランスも変わりません。
歌う前の子供達

そのあとは幼稚園の庭や部屋に作られたブースで皆遊ぶことになりました。こちらのお祭りなどで良く見る釣りのゲームをしておもちゃをもらったり、お母さんたちが作ってくれた手作りケーキを食べました。
釣りゲーム

手作りケーキ

今回は日本人家族での出し物ということで折り紙教室もやりましたが、これが大好評で。子供たちが次々に集まってきて、飛行機や箱やピアノを作って行きました。娘も先生役で大活躍です。フランスでも”オリガミ”は知られているようですが、実際にやってみるのは親子ともにはじめてという人も多く喜んでくれました。さらにプラスチックの安いカップに日本語で名前を書いてあげるのも大好評でした。日本の文化をアピールするよい機会にもなりました。
折り紙教室

幼稚園では初の親子参加型イベントは親子ともに楽しんで6時頃に幼稚園をあとにしました。



イスラエル人のお友達
娘が幼稚園で最近一番仲が良いのがイスラエル人の女の子です。最近になってこの子のお父さんが僕のクラスメートだと分かりました。父親同士に加えて娘同士もクラスメートということで一度ランチをしようということで招待されて行ってきました。
子供達

うちは日本食を持って行き、向こうがイスラエル料理を作ってくれたのでお互いに交換しながら食べました。
イスラエル料理1

イスラエル料理2

途中には近くの森を散歩して馬に餌をあげたりもしました。天気もよくて本当に気持ちのいい日曜日でした。
白馬と子供達

11時過ぎについて夕方5時まで遊んだのでそろそろ帰ろうと言うと、娘は”まだ5時になってないから遊んでもいいだよ”と不思議な理由でもっと遊ぶと主張しましたが、また今度遊ぼうねと言いきかせて帰ってきました。



幼稚園の春休み
INSEADの授業はまだ続いていますが、幼稚園は2週間の春休みになりました。本当に休みが多いですね。

恒例の成績表をもらいましたが、ちょっとだけよくなっていました。最近はフランス人の子供とも前よりもよく遊べているし、フランス語の詩なども暗唱しているのでこのあたりが成績にも反映されていました。親が思っている娘の成長と同じことを幼稚園の先生も感じてもらえていると幼稚園に対する信頼も出てきます。

幼稚園で描いていた絵などの作品帳も持って帰ってきましたが、中には絵だけでなくフランス語と英語の単語の書き取りもありました。先生のお手本を真似して筆記体で書いていて意味も分っているようでした。

このままフランスに残ると日本よりも早く今年の9月から娘は小学校に入ることになります。まだまだ不安なところもありますが、これならなんとかやっていけるのではと思ってしまいました。娘は早く小学生になりたいので、日本よりも早く小学生になれるフランスに残りたいと言っています。と言われてもフランスでの仕事が見つからない僕は答えに詰まってしまうのです。



イースターの続き
イースターが終わったあとに行った幼稚園からイースター用に作っていて鶏と色をつけた卵の工作を持って帰ってきました。先生に手伝ってもらったようできれいに出来ています。
イースターの工作

スーパーに行くと売れ残ったチョコレートが安売りしていました。一つ分の値段で二つ買えるというもので、それをみてうちもチョコレートを買って家で食べました。



息子も幼稚園へ
先日2歳になったことで、息子も幼稚園に入れてもらえることになりました。本来は9月の新学期まで待たないといけないのでしょうが、姉がいる場合にはいいようです。2週間ほど前から姉を幼稚園まで見送って中に入って行く姉を、息子は羨ましそうに見ていました。”一緒に行ってみる?”と聞くと行きたいと言うので思い切って行かせてみました。

8時40分ごろに幼稚園に着くと二人ともコートを脱いで勢いよく中に入って行きました。先生には何かあったら電話するようにお願いして僕は帰りました。

娘によると本来は大きい子と小さい子は別々のクラスになる時間があるのですが、特別に姉弟一緒に大きい子のクラスにいさせてもらったそうです。きょうは英語の授業でディズニーのプルートのビデオを見たそうで、帰って来てから”ワンワン!でんしゃ!”と喜んでいました。

娘は親と離れて幼稚園に行けるようになるまで大変だったのですが、息子はあっさり行ってきました。息子は道などで知らない人に会うと”ボンジュール!”とあいさつするのですが、これも娘の時にはなかったことです。姉弟で違いがあり、それぞれのいいところを伸ばしていってやれればと思いました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。