フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AMP (Advanced Management Program)
試験も3時間の試験が2つありました。3時間の筆記試験でずっと書いていたらボールペンを持つ指が痛くなりました。普段はPCばかりでボールペンで字を書いていない証拠ですね。残り1つあるものの今日はもう疲れて勉強する気力がなくなってきたこともあり、試験のことからは離れてちょっと前のことですがAMPのことを書きたいと思います。

INSEADでは20代半ばから30歳過ぎたあたりの人を主な対象に1年間のMBAコースを提供しているだけでなく、40代の部長以上のクラスの方を対象にExecutive educationも提供しています。いろいろなコースを提供している中で大きな目玉としては年に四回行われるAdvanced Management Programがあります。全世界からの約80人が参加して4週間のコースが行われています。そんなAMPの参加者の方たちとMBAの学生とが集まるパーティが先々週にあり、せっかくの機会なので行ってきました。
http://executive.education.insead.edu/advanced_management/

立食形式のパーティでAMPの方とMBAの学生がいましたが、飲み物・食べ物のクオリティはMBAよりも断然よくてさすがExecutive向けだと思いました。シンガポール、ドイツやオーストラリアの方とお話ししたところではAMPのコースは講義、ケーススタディやグループワークもあるなどMBAと同じスタイルですが、やはり内容は高度になっているようです。また論文などを多く発表している有名な教授が授業を行っている場合が多いようです。10年以上前にMBAをとった方も多くおられ、MBAの頃とはまた全く違う視点で勉強できるので面白いとも言っておられました。

日本からも3人の方が来ておられます。みなさん日本の大企業の部長以上のクラスの方たちです。そこで改めてランチをご一緒させてもらうことにしました。ランチではMBAやAMPの授業の内容なども話したのですが、僕たちの今後のキャリアについてもせっかくヨーロッパに来て1年で帰るのはもったいないから卒業後も何年かヨーロッパで働いたほうがよいのではとアドバイスをいただけました。またこれまではMBAホルダーを採用していなかった日本企業でも今後は採用して戦力にしようと考えているから、そこにチャンスもあると言っていただけました。こういうチャンスをつかめるように準備をしていこうと思いました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。