フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スタディグループのその後
月曜日にある2つの試験を終えて疲れました。話は先週に戻るのですが、試験の前の週には各コースのファイナルレポートが重なって大変でした。スタディグループで作成するレポートが多くちょっと心配でしたが、最初は機能しなかったスタディグループも2ヶ月がたってみるとよいグループになり乗り切ることができました。ファイナルレポートも、効率よくクオリティの高いレポートを作れました。

やはり大きかったのはグループで時間を多く過ごしていくなかでお互いを知り、それぞれの役割分担が出来ていったことかなと思います。これは授業の中での課題をみんなで解くなかでそれぞれの強み・弱みや特長が出てきたことや、グループ内での貢献をお互いにフィードバックしあったりといったことが効果的でした。インターナショナルなグループの中でのチームワークをどうやって改善していくかを経験できたのはよかったです。

グループの中での自分の特徴や役割についても具体化されて行きました。僕は統計やファイナンスなどの数値系のところは強いほうで、みんなで議論したモデルをエクセルなどを使ってぱっと計算するということでは貢献できていました。また議論が混乱してきたときに”これってこうじゃない?”と言って方向修正をすることが出来たこともありました。あとはハードワーク、グループでの宿題に対して最後までコミットメントを持って取り組む、グループワークの準備をしっかりしているとも言ってもらいました。

一方で英語でのディスカッションやレポートの作成ではやはりハンデがあるなと思いました。みんなでジョークを言いあって盛り上がっていても何だかよく分らないこともありました。まじめな議論だと内容はだいたいついていけるのですが、言いたいことがあってもうまく言えず悔しい思いをしたこともあります。みんなよくしゃべることもあってちょっと発言量が減ると目立つようで“どう思う?”と振られることもあり、グループメンバーからももっと発言した方が良いと言われました。

いろいろありますが雰囲気はよく、お互いにいろいろと学べる良いグループになっています。P2も同じグループでやっていくことになっているので、またがんばっていこうと思います。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。