フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


推薦状
MBA受験には推薦状が必要です。この推薦状は日本の学校の受験や転職の時にはほとんど使われないので僕も誰に何を書いてもらえばよいのかよく分かりませんでした。ビジネススクールからは直属の上司ともう一名から二通の推薦状をもらうようにと指示されます。さらに推薦者が有名人かどうかは重要ではなく、アプリカントのことをよく知っていることが大事だと言われます。これ以上のことはアドミッションからはなかなか聞き出せないので、僕も誰に何を書いてもらえば良いのかはすごく悩みました。同じような悩みを持つ方から相談を受けたので、その方に答えた僕の体験を書こうと思います。

推薦者に必ず書いてもらおうと思ったのはこれまでのキャリア→ビジネススクール留学→キャリアゴールの流れが客観的に見ても現実的に達成可能だと言うことです。そこでまず一人目の推薦者として当時働いていた会社の社長にお願いしました。社員が100人以下の会社だったので僕の仕事内容、キャラクターや成長の過程も把握してもらえていること、ビジネススクールを卒業しているだけでなく今は講師もやっているのでビジネススクールの価値について語れることと僕がキャリアゴールで設定したコンサルタントとしてのキャリアアップの頂点にいる方なのでキャリアゴールのリアリティや必要なステップについても語れるということで完璧だと思いました。推薦状の中ではこれまでの仕事での強み・弱み、ビジネススクールで学べることとそれがその後のキャリアゴールにつながるであろうことを書いていただきました。具体的なエピソードをビジネススクールの価値観に訴える形で書いていただけたので、かなり強い推薦状だったと思っています。

次にもう一人の推薦者は誰にするか悩みました。当時働いていた会社の直属の上司にお願いしようかとも思ったのですが、社長の推薦状と同じような内容になりインパクトが弱くなりそうでした。そこで別の観点から僕の強みを裏付けて弱みをカバーしてもらえる方としてクライアントのディレクターの方にお願いしました。僕がエッセイの中で一番のアチーブメントとして書いていたプロジェクトを発注していただいていた方でもあります。エッセイの中では自分が何をしたのかを中心に書いていましたが、その仕事がクライアントの企業の中で長期的にどのようなインパクトを与えたのかをクライアントの視点で書いてもらいました。自分でいうと胡散臭くなるような話もクライアントに書いてもらえば真実味のある話しに聞こえるのでエッセイとうまく連携する形で書いてもらいました。またその方は他のコンサルティングファームとも仕事をした経験がおありだったので、他のファームのコンサルタントよりも良い仕事をしたと書いてもらうことができました。僕の場合には当時働いていた企業のブランド力の低さが気になっていたのですが、日本の大企業のディレクタークラスの方から推薦状をもらえていることと他のコンサルティングファームからのコンサルタントよりも良い仕事をしたと言ってもらうことでだいぶカバーできたと思います。

アプリカントによっては直属の上司には推薦状を頼みにくい場合などもあると思いますが、推薦状は合否を左右する重要なファクターなので手を抜かずに取り組まれた方が良いと思います。推薦状でアピールすべきことを抑えられるのであれば、直属の上司でなくても以前の上司やクライアントなどにお願いすることも可能だと思います。まずはこれまでのキャリア→ビジネススクール留学→キャリアゴールの流れを的確に評価できる人を探すところからはじめてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。