フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Uncertainty & Data Judgement
P1のコアコースで学んでいるUncertainty & Data Judgementはいわゆる統計です。偏差値の話のときには受験の頃のことや大学でもちょっと勉強したなとかいろいろ思いだすことはあるのですが、今回勉強していることはまたその頃とは違う視点で進んでいきます。

今回学んでいることは、経営の意思決定をするときにデータをどう使うかだと思っています。例えば僕はある業界を分析するときに、企業の売上高・利益率・社員数・製品種別の売上高・利益率・地域・顧客セグメントなどのデータを調べたことがあるのですが、ここから何を読み取るかが重要です。平均を見るのはすぐに思いつくのですが、そこから先はいろいろと悩みます。社員一人あたりの売上・利益の順番に企業名を並べてみたり、地域や顧客セグメントによって利益にはどの程度の影響があるのかを考えたりしていました。その時は何となく感覚的にこの地域のこの顧客を攻めるとよさそうですねという話をしたのですが、これをより具体的に数値化しようとしています。例えば地域別と顧客セグメント別の売上データを用いて、地域を変えた場合と顧客セグメントを変えた場合とでそれぞれがどの程度売上に影響を与えうるかを過去のデータをもとに定量化して信頼性がどれぐらいあるかも踏まえて分析できるようになるべく勉強しています。

これまでは“多分こうなるでしょう”とか、“かなりの確率で大丈夫”とか話をしながら意思決定をしていたのが、データをうまく使ってより定量化して判断材料が増やせればよりよい意思決定が出来るようになるのではとこのコースを通じて思いました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。