フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Wine Tasting
週末に初めてWine Tastingのイベントに参加しました。主催はAssociation of Foreign Wives of Japanese (日本人の外国人妻の会)のイベントがフォンテンブローで行われており、Wine TastingにはINSEADの日本人学生も参加させてもらえました。僕がいまコアコースで教えてもらっている教授のアシスタントが日本人男性と結婚しており、このイベントを企画してくれました。INSEADでは学生だけでなく教授やスタッフもダイバーシティ・文化の多様性を重視しており、このアシスタントの方のようにフランス人でありながら英語も喋れて日本人と結婚して日本語をしゃべれるなんて人が結構いるのです。しかも日本からも人を呼んでいるような大イベントを企画・実行するマネジメント力を備えているわけで、このアシスタントの方に授業で教わってみたいと思うほどです。

Wine Tastingは6種類のワインと、それそれにあう料理を順番に出してもらいました。最初にワインのとれた地域やぶどうの特徴もちゃんと説明してもらいました。次にワインの試飲の仕方としてグラスをまわしたり、口をすぼめながら飲んだりといった方法を教わりました。ワインの香りをみんな一言ずつ表現したりということもやりました。ワインの香りを表現するための道具として以下の写真のようなものがあります。これはコショウ、リンゴ、桃などのワインの香りを表現するときに使うものの香料をそれぞれのカプセルに詰められていて、このカプセルで香りを確かめてからワインの香りの特徴を表現していくために使うそうです。
Wineの香り


最初の二つのワインまではちゃんとTastingのようなこともやっていたのですが、ワインがおいしいのに加えておかわりもさせてくれるので結構飲んでしまい後半はおいしいワインと料理のある飲み会のようになっていきました。特にロワールの赤ワインとデザートワインは初めて飲んだのですがおいしくて驚きました。ロワールにも今度行きたいと思いました。料理もおいしくてワインとの相性をためすための試食のレベルを超えていろいろなフランス料理を食べれるよい機会になりました

今日飲んだワインのリストです。フォンテンブロー周辺の酒屋さんで手に入るようです。また一部は日本でも手に入るようなのでよかったら試してみてください。
白ワイン
Quincy 2005 - Domaine Paepegaey
Macon-Prisse 2004 – Domaine Thibert pere et fils http://www.marumasu.net/awinen23.htm

赤ワイン
Cheverny 2005 – Domaine Philippe Tessier http://www.tsuruyasaketen.com/newpages/loire.htm
Les Ormes de Pez 2004 – Saint Estephe https://www.enoteca.co.jp/online-shop2/list.php?codehead=01001
Croze Hermitage 2004 – Domaine des Hauts Chassis

デザートワイン
Coteau du Layon 2004 – Domaine des Sablonettes

ワインの先生


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。