フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビジネススクールに合格するために一番大事なこと
友人の友人からMBA受験に関する相談を受けました。来年の留学を目指して準備中だそうで、ビジネススクールに合格するために何が大事かと聞かれたので僕は最後まであきらめないことだと答えました。そもそも僕にとってのビジネススクール受験はこんなに大変なのかと思うことばかりでした。TOEFL/GMAT試験対策で平日の夜も土日もずっと勉強したことにはじまり、エッセイでは自分のこれまでやってきことの意味やこれから何をやりたいのかを徹底的に掘り下げて考えることをどういう結果が出るか不安な中で必死にもがいて何とか進めていったものの、受験1年目は全校からインタビューに呼ばれることもなく不合格でした。もうやめようかとも思ったのですが、でもやっぱり留学したいと思って再度チャレンジし不安な中も再度同じプロセスを経てなんとか合格を勝ち取ることができました。

受験仲間と話をしていてもやはりみんな大変な思いをしています。そんな中で途中であきらめてしまう人や自分でも完成度が低いのが分かっていながら力尽きてアプライした人が多くいましたが、やはり彼らには合格するチャンスはほとんどないと思います。最後までやり遂げた人だけに合格するチャンスが出てくると思います。逆に言えば合格率10%前後と言われる難関校でも最後までやりとげることが出来れば合格確率は数倍アップするでしょうし、複数の学校を受ければどこか合格するはずだと思います。

その方もMBAを志して受験準備を始めたもののTOEFL/GMAT対策で苦労し、エッセイや推薦状も何から手をつけていいのか分からなくて自分にはもう無理かと思っていたそうです。しかし、その方のバックグラウンドや目的意識などを聞いていると十分にチャンスがあると僕には思えました。MBAを取りたいと思ってやりはじめたのだから、やはり最後までやりとげて欲しいと思っています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。