フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


有名企業出身でないと合格できないか?
あるMBA受験生から“有力企業出身でないことは合格するためにハンデになるか”と相談を受けました。人間力で負けたのであれば仕方ないけど、所属している組織のネームバリューで勝負がつくのであれば納得がいかないという趣旨でした。僕自身が誰も聞いたことのないような企業の出身でINSEADと他にも数校に合格したので、可能だと自分の体験からも言えます。それでもやはり有力企業の出身者の方が有利なところはあるかなという気はします。有力企業の出身者でない場合はこれにあわせた作戦をたてる必要があると思います。

有力企業の出身者のほうが有利だと思った理由はビジネススクールのアドミッションが知っているので話は早いことです。有力企業の名前がレジュメに載っているとどういうタイプの仕事をしてきたかのイメージがパッと浮かぶでしょうし、合格させるときにもなんとなく安心感はあると思います。またビジネススクールにとっては学生が卒業後にいい企業に就職してくれることは重要です。卒業生を採用する企業の中には有力企業の出身者を好むところはあるでしょうからやっぱり有力企業の出身者の方が有利な面はあると思います。特に社費派遣の方の場合は有力企業が将来の幹部候補で会社が学費を払う価値があるほどの人材と認めていて卒業後の就職先も確保されているわけです。

この前提で有力企業出身でない人が合格するには自分自身の中身勝負に持ち込むことが必要です。言い換えると有力企業の人と比べても負けないレベルの仕事をできるアドミッションに認めてもらえればよいわけです。その場合に自分の出身企業と有力企業を比較しても会社のアピールにしかならず、個人のアピールを十分にできなくなる可能性があります。それよりも出身企業をとりまく業界全体の中での自分の状況を説明する方が良いと思います。僕の場合はコンサルタントの一般的なキャリアレベルに基づいてどのレベルにいるのかを意識して、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトのデリバリーには責任を持っている上でその売上高を具体的な数字で示しました。またクライアントには欧米投資銀行や日本でも有力な製造業の企業が多かったので、これらの企業の役員クラスの方々と仕事をした経験もアピールしました。

これによって“有力企業の役員との仕事を通じてまとまった規模の売り上げを任せられるコンサルタント”とアドミッションに思ってもらうことを狙いました。このような人はどのコンサルティングファームでも欲しがる人材であり卒業後に就職先を見つけられるだろうし、これまでの経験はビジネススクールの授業の中でも貢献できるとアドミッションにも認識してもらえると思ってアプリケーションを作りました。そうなれば出身企業のネームバリューのハンデはそれほどなく、自分自身の中身での勝負に持って行けると思います。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。