フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バイオリンの先生
新しく買った韓国製の1/8バイオリンを先生のところに持って行ってレッスンをしましたが、いいバイオリンだとのことでした。こんな安いのでいいのかなと懸念していましたが、まあこんなもののようです。娘はサイズが変わってもあっという間に慣れて弾いていたので古いバイオリンは押し入れにしまって、これからは新しいバイオリンを使っていくことになりました。レッスンも普通にやって進んでいたので良いのだと思います。

ところでフォンテンブローの音楽学校で教わっているミルヒー先生はすごい人のようです。国立リヨン管弦楽団というフランスでもトップクラスのオーケストラの首席バイオリン奏者だったそうですが、オーケストラの枠には収まりきらずに飛び出してソロで活動しており、気が向いた時には国立パリ管弦楽団などのオーケストラと一緒に演奏することもあるようです。一方で子供好きで、うちの娘のような子供にも教えているようです。

ある人と話していたときにミルヒー先生の話になり、“そんなすごい人に教わっているの!!”と驚かれました。コンサートも頻繁にやっているようなのでぜひ行こうと思っています。すごいお金をもらっているらしいのですが全然そんな雰囲気はなく普段は陽気でいい加減な酔っ払いみたいな人でありながら、音楽の時間になると雰囲気がかわり魔法のような音を奏でるところがまさに我が家にとってのミルヒー先生なのです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。