フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーケストラのレッスン
今日は娘がはじめてオーケストラのレッスンにって行きました。フォンテンブローの音楽学校ではレベル別にいくつかのオーケストラがあり、娘ははじめてオーケストラをやる子供たちのオーケストラに入れてもらいました。それでもまわりは10歳ぐらいの小学生なので娘からするとお兄さん&お姉さんばかりです。人数は9人で、バイオリン、チェロ、フルートとトランペットの編成です。バイオリンは4人います。

練習はまずは調弦の後で音階をやって、楽譜を渡されました。楽譜の準備の間に演奏したい何人かの子供が最近練習している曲を演奏しました。あるバイオリンの子はスズキのロングロングアゴー(2巻)を弾いていました。そのあとで楽譜を渡されて小節ごとにリズムを確認し、パート別に演奏し、最後にみんなであわせて演奏して50分間の練習を終えていました。

先生の指示もすべてフランス語で”弾いて”や”ストップ”とかは分かったようですが、他にいろいろ言われていたことは分からなかったようです。バイオリンをやっているトーマスという子が英語とフランス語が出来るので、先生の言ったことをその子が英語で母に伝えて、母が日本語で娘に伝えていました。幼稚園などでは”他の子供がやっていることを見てまねする”作戦で乗り切ってきましたが、オーケストラでみんなとあわせるにはもう一段上のコミュニケーションが必要でしょうから親子ともさらにがんばる必要がありそうです。

日本にいるとき通っていた教室では合同練習や合宿があり、そこで同じ教室のお友達と一緒に演奏するのを娘は楽しんでいました。フランスに来てからはバイオリンの先生としか一緒に演奏できなかったのでやや不満だったようなので、今日は満足したようでした。今回はバイオリン以外の楽器と一緒にやってみてどんな演奏が出来るのか楽しみです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。