フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Financial Accounting
P1の授業であるFinancial Accountingはいわゆる財務会計の基礎コースです。会計の授業といっても、経理とか簿記で勉強した複式簿記の考え方や伝票を切ってB/SとP/Lの作り方はさらっとやるだけでした。このコースのテーマは財務諸表は企業が外部の投資家などとコミュニケーションする際の共通言語としてとらえて、これをどのように活用するかだと思っています。これまでに財務諸表を使っていくつかの企業のパフォーマンスの分析をしましたが、企業が生み出しているキャッシュの量、効率やこれに伴うリスクがどの程度なのかが驚くほどよく分かりました。自分が企業に投資をする立場の場合にはどうやって企業のパフォーマンスを評価するか、企業を経営して投資を受ける立場の場合には企業のパフォーマンスと次の打ち手をどう説明するかを考えさせられます。

また同時にこれまでの企業不祥事でどのような会計処理が行われていたのかも学んでいます。会計の原則にはあいまいさが残されており、このあいまいさによって事業の特徴にあわせた会計処理を選択することが出来るようになっています。しかしこのあいまいさを悪用すると、売上や利益を過剰に大きく見せてその会社の経営陣にとって有利な財務諸表を作ることができます。このような不正が起きやすいところやその見分け方も学んでいます。

7年ほど前に会計システム導入プロジェクトに関わったことがあるので会計の基本は分かっていたつもりでしたが、全く違う視点で話が進んでいくので毎回新鮮な驚きがあります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。