フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


音楽学校初日
ついに娘の音楽学校の授業がはじまりました。まずは朝9時から1時間30分のJardin musiqueです。これは5-6歳の子が対象です。この学校もそうですがフランスでは5-6歳ではまだ本格的な音楽の勉強ははじめておらず、様々な楽器を触ったり演奏を聞いたりする中で自分の好きな楽器を見つけて、7-8歳ぐらいから楽器ごとに演奏法のレッスンを受けるのが一般的なようです。今日の授業はでは太鼓などの打楽器から好きなものを子供たちがそれぞれ選びいろいろな音を出してみたようです。娘は卵型でふるとシャカシャカと音がする楽器を選んだそうです。そのあとで先生が黒くて大きな笛(クラリネット?)を演奏して聞かせてくれたそうです。こうやっていろいろな楽器・音に触れていくようです。先生がフランス語で説明してくれたことは娘は全然わからなかったそうですが、子供たちがやることをとにかくまねする作戦で乗り切ったそうです。先日から何度か一緒に遊んだインド人の女の子が同じクラスにいてくれたのも心強かったと思います。


約10分ほどの休憩をはさんで前回書いたミルヒー先生のプライベートバイオリンレッスンがありました。教材は日本でも使っていたスズキメソードの教本とフランスに来てから日本人の先生に言われて買ったPetit Paganiniです。他のバイオリンの生徒も同じ本を持っていたのでみんな同じ教材を使っているようです。スズキメソードの教材はレベル別に体系的にまとめられていて、演奏法なども順番に出てくるようにまとめられているので子供向けには良い教材だとこちらでも言われています。

レッスンでは最近スズキの教本から練習している曲を弾いて、そのあとでPetit Paganiniからいくつかのパターンをやりました。ミルヒー先生は相変わらずテンションが高くすぐにキスしたりするのですが、弾く姿勢やそれぞれの音に対しては的確にアドバイスがあるのでやはりすごい先生だなと思います。日本ではバイオリンを弾く姿勢についていくつもチェックポイントがあったのですが、ミルヒー先生が娘の手首をちょっといじるとそれらのチェックポイントが一度にクリアできた上に娘も“この方が弾きやすい“と言っていました。さすがです。

レッスンはフランス語なのですが、これも先生の模範演奏をまねすることでで乗り切っていました。先生がフランス語で“ここは長ーく弾いてね”というときに先生の目を見ると“ナガーク”と言っているから分かったと娘は言うのですが、本当だったらすごいことです。あとで娘に聞くとキスされるのは別に嫌ではないそうです。たくさん褒めてもらえるのでうれしいのかもしれません。

バイオリンのレッスンのあとでミルヒーに連れられてオーケストラの先生のところにも連れて行かれて、来週からオーケストラにも入ることになりました。急な話でオーケストラの先生も困惑しながら、“うちの娘は小さすぎないか”とか“フランス語は分からないのに大丈夫か”とか心配していたのですがミルヒーが強引に押し切っていました。さすがです。


その後急いで昼食を食べてパリまで行って日本人の先生のレッスンを受けてきました。ミルヒーの話をするとキャラクターについては驚かれるものの、音楽的な指摘に対しては通じるところがあったようでミルヒーもしっかりした先生だと思っていただけたようです。こちらはレッスンも日本語なのでスムーズに宿題になっていたソルフェージュや曲を確認し、また新たな課題をもらって帰ってきました。それとフランス音楽学校対策でレッスンで使うような音楽用語を教わっておいて覚えていくことになりました。

今日はたくさんレッスンを受けたので疲れたのではと思って夜寝る前に娘に聞いてみると、“すごく楽しかった、もっとレッスンがあればよかったのに。”と喜んでいました。それぞれの先生が娘に対してすごく上手に接してくれるのと、レッスンでやることも違っていて刺激があったようです。またフランス語でレッスンを受けるのも大丈夫だと自信をつけたようです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。