フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャンパスビジット
INSEADでも授業がはじまったこともあってビジネススクール受験を考えている方からキャンパスビジットの相談を受けることがあります。キャンパスビジットとはビジネススクール進学を考えている受験生が、学校を訪れてインフォメーションセッション、学生とのランチや授業の見学などをすることで、これを通じてその学校のことをより深く理解するとともに、入学審査官とコネクションを作り、その学校に対する熱意をアピールできると言われています。何人かの方と話をした中でキャンパスビジットについての期待値が高すぎたり外れていたりという場合もあったので、話した結果のサマリーをここで書いておこうと思います。

まずはキャンパスビジットは合格するためにどれぐらい重要かということですが、僕の場合はキャンパスビジットした学校に落ちたこともあるし、キャンパスビジットしていない学校にも受かったこともあります。統計データを持っていないので分かりませんが、キャンパスビジットをした人とキャンパスビジットをしていない人の合格確率はそれほど大差はないのではと思っています。ただキャンパスビジットによって大きな成果を得て、合格につなげていった人もいます。その人たちが何を得ていったかと言えば、やはりその学校をよく理解してその学校に行きたい思いをよりクリアに持てたことではないかと思います。僕は“学校をどれだけ理解しているか”は合否を大きく作用する要素であり、学校の特徴を理解した上で入学後に何をしたいのかを語れないと合格する可能性は低いと思います。

次に何を理解すれば学校を理解したことになるのかですが、これは各学校が育てようとしているリーダーのタイプとそのために用意しているオポチュニティだと思います。自分のリーダーとしての現在地とこれから目指したいところがあり、このギャップを埋めるために必要なトレーニングが何かを考えていき、それがその学校で出来ることなのかを調べていくと見えてくると思います。例えばINSEADでは国際的なリーダーを育てようとしており、そのためにキャンパスをヨーロッパとアジアに持ち、クラスの中に多くの国籍を持った学生を集めているし、そのための授業も用意されていることが調べていくと分かり、だから自分にはこの学校があっていると思っています。

“学校の特徴はキャンパスビジットをしなくても分かるではないか?”とも聞かれたのですが、その通りだと思います。僕が今INSEADのWebサイトを見ていると学校の特徴がよく表現されていると思いますし、僕がエッセイを書くためにいろいろな人の話を聞いてようやく知りえたと思っていた情報はほとんど載っています。ただ僕がMBA受験をしていたころは、Webサイトに書かれていることの背景や前提が分らないので意味を正確に理解することが出来ずにいました。そこで僕はまずはWebサイトなどの公開されている情報をじっくり読んで学校の特徴や入学後に学校でやりたいことの仮説を立てました。そのあとで卒業生や現役の学生にコンタクトしてその考えをぶつけてみました。最初は僕が誤解していたりするのですが、これも訂正してもらい最近の状況などを教えてもらっていくと、最後の方では“そういう目的でビジネススクールに行くのであればうちの学校はぴったりだね”と卒業生に行ってもらえました。ここまで言ってもらえるに到った学校には合格することができました。キャンパスビジットはこのためのプロセスで使う手段の一つと僕は位置付けていました。多くの学生や学校関係者と話するには絶好の機会だと思います。ただ自分の仮説が練れていない状態でキャンパスビジットをしても得るものは少なく、わざわざ遠くまで出かけて行ったのに得るものが少なくなってしまう可能性があります。

フォンテンブローにいる現役学生としては、“ヨーロッパまで来たのでちょっと寄ってみました。”と言ってINSEADにキャンパスビジットして下さる方ももちろん歓迎します。でもキャンパスビジットの成果はその準備量と関係していると思いますので、せっかく来るのであればその価値を最大限にするように準備をしてから来られたほうが良いと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。