フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランス到着
フランスに到着しました。フランスは天気もよくオランダよりも暖かくて日本ほど暑くなく爽やかな気候でいきなり好印象です。北欧の人が夏はバカンスで南欧に行く気持ちが少しわかりました。娘がきょう弾いたバイオリンの音もよく響いていて、フランスの気候はバイオリンに合うんだねと話していました。(本当かな?)今回の旅程は子供の体調も考慮して、CDG空港近くのホテルで一泊しました。これぐらいゆっくり移動すると時差ぼけを解消しながら移動疲れをためずに行けるので家族4人とも体調を崩さずに来れています。

ところでINSEAD留学が決まって最初に学ぶことになったのはフランス語でした。INSEADでは卒業までに3つの言語を話せるようになることが求められます。僕の場合は英語と日本語で2つの言語が出来るので、もう一つフランス語を選んで一から学び始めました。卒業要件クリアの判定は試験で行われます。MBAの授業で苦しんでいるときにフランス語の勉強もするのは大変なので、授業が始まる前にその試験に合格することを最初の目標に設定しました。試験はそれなりに難しいもののある程度基本的な文法や表現をおさえたところで、過去問などの試験対策をやればなんとかなるようです。そこでまずはフランス語の初級者向けのテキストを買って勉強をはじめ、やっているうちに面白くなってきて日本で約3ヶ月やってきました。勉強しながらふと何のためにやっているのかを考えたときに、これは将来自分がどこかの国に住んで働くことになったときのための練習ではないかと気づきました。

INSEADはグローバルに活躍できるリーダーを育てるための学校だと僕は思っています。そのためにはどんな国で働くことになっても、現地の人とちゃんとコミュニケーションしリーダーシップを発揮できるようになることが重要です。自分がそんなリーダーになるために、これから住む国の言葉をどうやって身につけて現地の人とコミュニケーションしていくかのチャレンジを今やってみようと思いました。試験をパスすることは必要ですが、それだけにフォーカスするのは違うと思っています。

日本でのフランス語学習は仕事や渡航準備もしながらなのでなかなかはかどらずにイライラしたこともありますが、よく考えてみれば将来自分が外国に行く場合も今と同じかこれよりも時間が限られた状況に置かれるはずですし、この状況でどこまで出来るかを考えるようにしました。結果的に日本での約3ヶ月で以下のことが出来ました。

1.まずはフランス語の音に慣れるための聞き流しで約300時間のリスニング
2.次に基本的な文法を理解するために薦められた文法書を2回読んで例文を筆写
3.日本での学習の仕上げとしてフランス語学校で約20時間のマンツーマンレッスン


その結果としてあいさつや売店・レストランでの簡単な注文であればできました。でもフランス語でいろいろ説明されるとほとんど分らず、何度か聞き返して最低限のことだけはやっと分かるぐらいのレベルです。リーディングは辞書をひきながらであればフランス語のホームページを読んで簡単な調べものは出来るようになりました。1,2,3やアルファベットの読み方からフランス語をはじめたにしては大したものだと思うとともに、コミュニケーションが全然とれないのは不安です。今後はフランスで生活をしながら、7月にパリの語学学校に3週間、8月にフォンテンブローの学校にも1週間通うことになっています。どこまで出来るのかチャレンジはまだまだ続きます。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。