フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最初の授業
今日は最初の授業がありました。Introduction to General Managementという授業でオリエンテーション中に行われます。ビジネススクールではケーススタディと言って、ある会社や人物をとりあげて自分がその当事者だったらどうするかをみんなで議論するなかで学ぶ手法が多く用いられており、今日の授業もケースを使っていました。

ケースはMBA取得後に2年たったあるビジネスマンの話です。グローバルなアパレルメーカーで働いていたところ、その企業がある国の企業を買収して立て直すことになりその経営者として送り込まれます。しかしその会社は多くの問題を抱えており、その人も業界の知識がなく赴任した国のことを知らず、現場のワーカーとは言葉が通じないという状況です。で、自分だったらどうするかをみんなで話して考えるわけです。INSEADはGeneral Management Schoolであり、Global Leaderを育てると言っています。INSEADが考える卒業生の目指す姿ってこういう感じなのかなと思いました。授業の中で3年後にこういうポジションにありたいと思うかと教授が聞くと多くの人が手を挙げていました。

このケースについてどうするかを各グループでプレゼンテーションすることになり、はじめてのグループミーティングがありました。この日はイスラエル人ベンチャーキャピタリスト(男)、フランス人営業マネージャー(女)とインド人リスクアナリスト(女)の4人でやりました。(もう一人オーストラリア人インベストメントバンカー(男)がいるのですがその翌日にフランスに到着しました。)とにかく議論の前提が違いすぎてわけが分かりませんでした。イスラエル人ベンチャーキャピタリストは株式を発行して売ろうと言い、フランス人営業マネージャーはケースに出てくる会社の営業マネージャーはバカだから首にしようと叫び、インド人リスクアナリストははキャッシュ不足だから在庫や資産などの売れるものはさっさと売ってしまおうと主張していました。僕はコンサルっぽく“こんな感じのフレームワークで分析してみたらどう?”ってちょっと考えた切り口を出してみたら、“なんでSWOTアナリシスじゃないんだ?”と言われて、フレームワークを説明するはめになり分かってもらうような説明が出来ずに撃沈でした。結局プレゼンテーターをインド人リスクアナリストがやることになり、彼女がしゃべれるストーリーでまとめることになりました。4時間後に出来あがったプレゼンテーションは何だか結論もはっきりせず、全くまとまりのない議論を繰り返したことをあらわしたものになりました。

僕がもしも前の会社の上司や同僚のコンサルタントと一緒のグループで同じ課題に取り組んだとしたら1-2時間で格段によいプレゼンテーションが出来たと思います。それは国籍や興味のある分野などに共通点が多く、一緒に仕事をしていく中でお互いの強み弱みを知りながら力をつけ、グループ内の役割分担もできているからだと思います。はじめて会ったばかりのグループではそれがまったくないだけでなく、みんながリーダーシップをとりたがって誰かが何か提案するとさらに混乱していきました。

最終的なアウトプットはいまいちでしたが、個人的にはすごく面白かったです。みんなそれぞれ優秀で人柄もナイスな人たちが集まって熱くなりながら議論していくなかで、僕には全く想像もつかないような意見がどんどん飛び出してくるので4時間があっというまでした。INSEADではグループ内でコンフリクトが起こるように様々なバックグラウンドの人を一つのグループに入れるらしいのですが見事にはまりました。他のチームの様子を聞いているとみんな長時間苦労したものの、プレゼンテーションはよくまっていたのでうちのグループよりは機能しているようです。今は機能していない自分のチームをどうやってよいチームにしていくのか、それともならないのかこれからの4ヶ月間がすごく楽しみです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんにちは。ご無沙汰してます。さすがINSEADはインターナショナルなチーム編成ですね。私のチームはアメリカ人3人、インド人2人、日本人1人(私)という構成です。もちろん、クラスには色々な国籍な人が集まってますけど、60%はアメリカ人なので。どんなチームになるか楽しみですね。

【2007/09/03 04:06】 URL | Green Devil #- [ 編集]


Green devilさん、こちらこそご無沙汰しています。国籍のダイバーシティはINSEADの良さだと思います。また英語が母国語でない人も多いので僕の下手な日本人アクセント付き英語も受け入れてもらえるので助かっています。Green devilさんも授業やグループワークで大変な時期だと思いますがお互いに頑張っていきましょう。

【2007/09/03 06:03】 URL | MlleMozart #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。