フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランス語試験合格
先日受けたフランス語の試験でBasicレベルのフランス語力があると判定され、INSEADの語学に関する卒業要件をクリアすることができました。日本での3ヶ月間+フランスでの2ヶ月で合計約900時間フランス語に触れた結果でもあり、僕の下手なフランス語に付き合ってくれた語学学校の先生やクラスメートのおかげだと思います。自分の実感としてはまだまだだではありますが“だいぶ上達した”と言われることもあるのでちょっとは使えるとも思います。

この期間にフランス語力がついてくるのと並行してフランス人に対する理解や感情も変化していきました。最初はこちらもフランス語が出来ないので、英語で話しかけるとフランス人は英語で話してくれない人もいるのでコミュニケーションが成立しません。電話でも“Do you speak English?”と聞くと“Non”と言われて電話が切られることもありました。また銀行などで英語が出来る人と話をしてもこちらが期待するように動いてくれることはほとんどありませんでした。これはこちらの期待値を相手に正確に伝えることができておらず、また相手がやろうとしていることを正確に理解することができていないなかで、合意したと思いこむ形でコミュニケーションを進めたことが問題だったかと思います。

こういったことが続いていたのでフラストレーションが溜まりフランス人のことを嫌いになりかけていましたが、そんな中でお店であいさつしたらニコッと笑い返してくれたり、パン屋さんやレストランで注文が通じたとかそんなところから徐々にフランス人に対する感情も前向きになっていきました。そこで語学学校に通い始めてフランス語を学ぶとともにフランスの文化やフランス人の考え方などをちょっとずつ分ってくると、どこに楽しいことがあるかやトラブルの回避法・対処法も分かるようになってきて生活環境やフランス人に対する感情が劇的に改善されて行きました。海外に挑戦する際に現地の言葉を学ぶことが大事と言われるのもよく分かります。普段の生活でフラストレーションを溜めずにいられるので、MBAの勉強にもより集中できると思います。到着した時よりもよりフランス生活を楽しめるようになったのがちょっと早めに渡仏した成果かなと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。