フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オランダ
ネットにつながらなくてブログ更新が遅くなりましたが、まずはオランダのアムステルダムに到着しました。今回アムステルダムに来ているのは単にフライトの都合です。帰国日程が決まっておらずかつ1年以上先になる可能性もある中で、1番安かったのがアムステルダム経由の片道航空券でした。東京で住んでいた賃貸マンションも引き払ったので、戻る家もないなかで片道切符でヨーロッパまで来てしまいました。“退路を完全に断たれたね”とある人に言われましたが、確かに形式上はそのとおりです。

飛行機の中では上の娘が吐いたり、下の息子が熱を出したりと大変でしたがついてみると元気いっぱいに遊んでいます。子供も時差ボケはするようで現地時間の深夜1時(日本時間の朝8時)から起きてホテルの部屋で大騒ぎです。まわりのお店は当然やっておらず真っ暗で、日が昇って明るくなるまで部屋にいるしかありませんでした。今回のアムステルダム滞在では時差調整も含めた体調管理が優先で特に予定は入れておらず観光もなしでもよいかと思っていましたが、元気なのでちょっと街まで買い物に行ってみました。

外に出て気付いたのはとても寒く、気温が何と14℃。空は曇って雨が降ったりやんだりを繰り返すので気持ち的にはさらに寒い感じがしました。(普通はもっと温かいそうです。)そこでまず最初に買ったのはセーターでした。食事はチーズやハムなどがおいしく食べられました。肉を串焼きにしたSateなどがあるのはインドネシアの影響でしょうか。ビールが水よりも安いのは噂どおりでした。オランダ風の食事をした帰りに風車も見られたのでとりあえずのオランダ観光としてはこんなものでしょうか。

それにしてもオランダの街・国土に関する計画と実行力は大したものだと思います。車で走っていても道がわかりやすく、道と運河との組み合わせもきれいに整理されています。ずっと平地でが強いので風車は動力源としてはすごく使いやすいのでしょう。海抜よりも低いところで暮らしていくために、どうすればいいかを必死に考えて計画を立て、計画どおりに実行してきた結果であり、すごいリーダーシップとマネージメントがこの国にはありそうな気がします。また出会ったオランダ人は英語もしゃべれるか、片言でもコミュニケーションを成立させるのが上手な人が多い印象を受けました。オランダ人となら仕事で一緒になってもうまくやれそうな気がします。これはINSEADで検証すべきテーマです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。