フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADで学んだ成果
”MBAに留学して何を得られるのか?”というのはMBA受験前や留学の前から常に考え続けたテーマでした。留学を終えたわけですがスーパーマンになれたわけでもなく、本当に何が得られたのかや価値があるのは何だったのか自分でもまだ分からない部分もあります。

実はINSEADに合格直後で入学前にキャンパスビジットをして授業を見学したことがありました。その時に思ったのは授業でやっている内容が思ったより簡単だということでした。留学前に9年間仕事をしていたのでビジネスのフレームワークや知識としては知っている内容が多いし、ここで授業を1年間受けたとしてもそれだけで特別なスキルを身につけられるわけではないなと思いました。

この印象は留学後も変わりません。コアの科目で扱う内容はグロービスなどが出版しているMBA本でほぼカバーされています。エレクティブになるとより専門的な内容も出てきますが、実際のコンサルティングプロジェクトではさらに踏み込んだレベルで議論をしています。もちろん短期間に体系的に知識をまとめるという意味では価値がありましたが、これだけではわざわざ留学する価値はないのではと思いました。

それで結局何が価値があったのかと考えるともっと抽象的なものになります。例えばグローバル感覚を磨けたとか。INSEADのクラスメートは世界各国から来ていてそれぞれの国が違うということが実感できました。世界には違う文化をもった国がたくさんあることとそこから来た自分とは異なるバックグラウンドの人と一緒にチームを組む練習ができたのは良い経験でした。それと僕にとっては海外に住むのははじめてでありフランス語も学んでフランスに住めたのは、これから自分が海外に出るときのよい練習であり、外国から日本に来ている人のこともより理解できるようになったと思います。

それと自分が経営者になれるかもしれないし、なってみたいという思いが強くなりました。ビジネススクールはビジネスリーダー、経営者になるための学校です。その教育を受け、経営者を目指す人たちと一緒に過ごし、実際に経営者になったアルムナイの話を聞くと自分にも出来るはずと思うようになりました。自分で会社を作ったり会社を買収したりということが不可能ではないと思いましたし、チャンスがあればぜひやってやろうと思いました。こういう可能性を見つけることができたのは留学前には考えてもいなかったことでした。

INSEADの1年間を終えてみてこれが将来にどう役立つのかはまだ分かりませんし、自分が何をしていくのかによって得られたものの価値も変わってきます。それでもやっぱり強烈な体験だったわけで、これが何かにつながるはずと信じてがんばっていきます。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。