フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


娘の音楽教育の成果
ようやく日本に帰国しました。ここでこの1年間の成果をいろいろな観点で整理しておきたいと思います。

娘が1年間フランスで音楽の教育を受けてみて親子とともにいい経験ができました。フランスでもトップのバイオリニストでもあるガルシア先生には音楽で表現することを教わりました。いつも陽気な先生はバイオリンの技術だけでなくバイオリンを弾きながらもっと笑顔をつくるように指導され最初のうちはよく意味が分からなかったのですが、先生のコンサートを聴きに行くと全身を使って表現するというのはこういうことだと分かりました。僕にはまだ音楽だけを聞いてその人のメッセージを理解することは難しいのですが、普段のレッスンでのコミュニケーションとあわせるとなにかがつたわってきました。この先生に会えて音楽とは何かについてこれまでとは違う定義を持っている人に出会えた気がします。

日本人の先生にもとてもお世話になりました。日本の音大を出てフランスに留学しているぐらいだからバイオリニストとして優秀なのは当然ですが、子供に教えるのも上手で娘も大好きな先生でした。バイオリンの技術だけでなく日本とフランスの違いに戸惑っていたときにそれを橋渡ししていただくこともできました。音楽家とはどういう人たちなのかや音楽家になるためにどういう努力が必要なのかなどを教えてもらえたのも今後の参考になりました。

それとフランス各地やヨーロッパのいろいろなな国でのコンサートに行ってみてクラシック音楽がより身近な音楽として楽しまれていることが分かりました。コンサートホールで行われるオーケストラのコンサートだけでなく教会、フォンテーヌブローのシャトーや公園のコンサートなどいろいろ行きました。フォンテーヌブローのような田舎の町でもとてもレベルの高いコンサートが行われています。

ヨーロッパ・フランスの人たちにとってのクラシック音楽が日本でのクラシック音楽のイメージとは違っていて、そのフランスの中で1年間過ごせたことが収穫でした。演奏技術であれば日本でも世界のトップを狙えるのかもしれませんが、それ以外の部分については日本のアプローチをヨーロッパでは評価されないように思いました。僕にとっては留学前は最も縁遠い世界だったアートの世界で生きている人と話をして仲良くできる人ができたことや、音楽を楽しめるようになれたことは大きな変化でした。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。