フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダブリン(アイルランド)
フランスを出て最初に向かったのがアイルランドのダブリンです。と言ってもここでは飛行機の乗り換えがメインなのですがせっかくなので空港近くに1泊しました。

夕方に到着してお腹も空いていたのでまずは食事です。ローストポークにジャガイモ料理(フライドポテト、ゆでたジャガイモなど)にギネスビールを飲んで一応アイルランド気分を楽しみます。翌朝にはアイリッシュブレックファストを食べました。内容はイングリッシュブレックファストと似たようなものですが、アイルランドにいるとこれがアイリッシュに変わるようです。

空港でアイルランド人と話をしているといつの間にか天気の話になっていました。夏の気候の話をしているといつの間にか雨が降り出し、また止んで太陽が出たりというのを見ていると”だからここでは天気の話をずっとしているんだよ”と言われてちょっと納得でした。アイルランドの歴史や文化の話も聞きましたが、イングランドの影響を強く受けている一方でみんなアイリッシュ語を話して自国の文化を守ってもいます。また食料がとれず貧しかったころには人口の半分がアメリカなどに移民した国らしく、どおりでアイルランドの祝日を世界のあちこちで祝っているんだと納得しました。トランジットで約18時間の滞在の割にはアイルランドのことを知れてよかったです。

ヨーロッパはアイルランドが最後の訪問国です。留学中に数えてみるとヨーロッパで12カ国に行っていました。小さな子ども2人を連れてよくまわったものだとちょっと驚きました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。