フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3日目のレッスン
この日のレッスンはイタリア人のMoccia先生でした。通訳で矢谷先生についていただきピアノ伴奏もつけてくださったのでまたもや超豪華な布陣でのレッスンです。

今回もヴィヴァルディの曲の続きです。前日までに第1楽章と第2楽章をやったので第3楽章中心のレッスンでした。ヴィヴァルディはベネチアの作曲家だったこともあって、”これはイタリア人の曲だからこう弾くんだよ”と言われ、”楽譜に書いてあるDolce(ドルチェ)はイタリア語だからこういう意味なんだよ”と身振り手振りに歌も加わってイタリア文化を教わります。

特にもっと表現にこだわるようにと言われました。やはりイタリア人は表現力が豊かで日本人のうちの娘が普通に弾くとどうしても単調な音楽に聞こえるようです。これは日本から来た音大のお姉さんにも言っていることだそうで、年齢や演奏技術とは違った日本人とイタリア人の国民性なのかもしれません。そういえば僕もINSEADのスピーチのトレーニングでは、単調でパッションが足りないからイタリア人のクラスメートを見習えと指導されました。

”ここの小節を弾く時は表情はこう!”と顔の表情まで指導を受けます。それがイタリア流の表現なのかと思ってみていると表情が変わると音も変わるから不思議です。娘もこれでイタリア流の表現をちょっと身につけたのかもしれません。

ただこのキャンプで一つ残念なことが。レッスン中にカメラを落としてしまい、レッスンのビデオ撮影や写真撮影も出来なくなりました。このブログも字ばかりで写真のないブログになってしまいます。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。