フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二日目のレッスン
二日目はまた森先生自らやっていただきました。ピアノ伴奏の先生や矢谷先生もついていただく超豪華な講師陣でのレッスンです。

昨日に引き続いて同じ曲をやりました。実はこの曲はこれまで習っていた日本人の先生とやっていて既に合格していた曲です。このキャンプのようなマスタークラスでは自分の中で完成している曲を見てもらってさらに良くするために指導してもらうそうです。

昨日のポイントも修正がされてきてピアノ伴奏と合わせるとこれまでよりもとても音が良くなりました。直されたのはその曲で出てくる特有のテクニックというよりもバイオリンを弾く姿勢などでこれはどの曲を演奏する時も大事なことです。これをきちっとやれればこれから習う曲ももっと上手に弾けるのでしょう。

ヴィヴァルディの曲だったのでヴィヴァルディの曲の意味や弾き方も教わりました。ただここはうれしく弾く、悲しく弾くなどの感情表現はまだ難しいです。”悲しかったことを思い出して弾いてみて”と言われても”今まで悲しいことは別になかった”というような5歳の娘にはまだ難しいです。これはもうちょっと大人になってから取り組むテーマでしょうか。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。