フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピカソ美術館
マレ地区にはピカソ美術館があるので行ってきました。ピカソはパリにも長くいたらしく、ここでは青の時代から順に彼の作品を見ることができます。

青の時代から見て行くとまず初期の作品は普通です。ピカソらしい特別な絵ではないもののデッサンの技術は高いしっかりした絵です。まずはここで”なんだちゃんとした絵も描けるんじゃん”的な驚きがあります。

そこから徐々にキュービズムや抽象画が出てきます。ただまだ初期のものは抽象度も高くないので彼が何を描こうとしたのかが分ります。それがだんだん進化していくと何だかわからない抽象画になりついていけなくなりますが、ピカソ自身もまた抽象度の低い絵に戻ったりしています。また彫刻や段ボールを使った作品などもあってこれはこれで面白かったです。

小学校の時にはただ適当にぐちゃぐちゃに描いたようにしか見えなかったピカソですが時代を追って作品を見て行くと、彼がやろうとしたことがちょっと分かった気がしました。でもやっぱりすごすぎて僕にはついていけない世界もありました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。