フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Cognac(コニャック)
ボルドーからの帰り道に気になる地名がありました。Cognacです。あのヘネシーやレミーマルタンなどのコニャックはフランスのコニャック村で作られているようです。ということでその中でも代表格のヘネシー社の見学ツアーに行ってきました。
ヘネシー社

ツアーはまずは船で対岸に渡るところからはじまります。ヘネシーの会社は蒸留所は川沿いにあり、対岸にある蒸留施設に向かいます。
船

まずは原材料ですが、コニャックはブドウを使っていて、まずはワインを造ります。これは知らなかったです。ぶどうからワイン作りのアルコール発酵をさせるところまではボルドーやブルゴーニュのワイナリーで何度も見たのと同じ方法です。発酵が終わって出来たワインをワインを70-80℃に温めると水分よりも先にアルコール分が気化するのでこの気化したものを冷やして樽に入れます。この樽に入れたコニャックを何年も保存し、味が安定するように複数の年のコニャックをブレンドすると酒屋さんに売っているヘネシーの出来あがりです。製造方法は前半はワイン、後半はウィスキーの合わせ技ですね。
蒸留所内

その後に船で川を渡って試飲です。何種類か飲ませてもらいましたが高いもののほうがまろやかでおいしい。値段の違いがどう味に出るかは分かりました。それと試飲するときにトニックウォーターかジンジャーエールで割るかを聞かれました。この地域では食前酒にはこういう飲み方をするそうです。いろいろと発見の多い訪問でした。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。