フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Saint Emilion(サンテミリオン)
Saint Emilion(サンテミリオン)まで来るとようやくブドウ畑が広がってきました。ここまで来てようやくワインの街に来た感じがしてきました。中世の城壁や建物が残される丘の上が街の中心で、街の広場の角にはワイン流通業者がやっているワイン屋がありました。サンテミリオンを中心にボルドー各地のワインも試飲させてくれました。こういうところを探していたんです。

このワイン屋では10種類ぐらい試飲できるのですがすべて赤でした。サンテミリオンは赤しかないそうです。それも全てGrand Crus(グランクリュ)ランクです。隣のレストランで食事もしましたが、ここのグラスワインもGrand Crusでした。その後もボルドーではGrand Crusばかりを飲んでいました。あとで聞くとサンテミリオンではSaint Emilion→Grand Crus→Grand Cru Classé→Premier Grand Crus→Premier Grand Cru Classéと格が上がっていくそうで、Grand Crusと言ってもそれほど貴重なものではありません。ブルゴーニュだとGrand Crusは最高ランクですが、ボルドーではそうではありませんでした。Grand Crusクラスの生産者が500ぐらいはいるようです。

もう一つ驚いたのがシャトーが多いことです。ブルゴーニュだとシャトーはかなり大きくて歴史のあるワイナリーの場合が多いのですが、ボルドーの場合はそうでもなくて比較的小規模なところでもシャトーを名乗っています。これは変だと指摘すると、ボルドーではちょっと大きな建物でワインを作っていればChateauなんだとのことでした。

先ほどの格付けとあわせてGrand Crusのシャトーと言ってもブルゴーニュとボルドーだとだいぶイメージが違います。そんなサンテミリオンでGrand Crusクラスのワインを作っているシャトーが経営しているChambres d'hotesに宿泊しました。ワインのカーブがあり事務所兼オーナーの部屋の上の部屋に宿泊したのですが、窓を開くとブドウ畑が広がっています。朝食のオレンジジュースや牛乳もワイングラスで飲みます。そんな朝食のあとでブドウ畑やカーブなどの見学ツアーに試飲もさせてもらいました。
ブドウ畑


その後には紹介されたワイナリーにいくつかまわりましたが、予約がとれていないから帰れと言われたり、11時頃に行ったのにもうお昼だから4時に来なさいと言われたりであまり訪問はできませんでした。ボルドーは有名どころは予約が必要と聞いていたので4大シャトーには事前に連絡したものの断られていました。予約不要と言われているところに言っても断られてしまうので、嫌になってきてあまり回らずに帰ることにしました。

サンテミリオン


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。