フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Bloisのコンサート
このブログではミルヒー先生と呼んでいた娘のバイオリンの先生は本名はSerge Garciaです。最年少の14歳でフランス最高峰の音大であるコンセルバトワールに入学し、その後リヨン国立オーケストラで主席バイオリニストになり、ソリストとしてもパリの国立オーケストラなどと共演しています。日本にも演奏旅行で何度も訪れていますし、ラ・フォルジョルネにも出演していました。CDも出しています。こんなところにも名前がでています。

http://www.t-chest.jp/shimoda/album/hanayoto.html

年齢は60近くなって本格的な演奏活動は減らしていて子供に教えるのと、2ヶ月に一回程度コンサートで演奏しています。夏は学校が休みなので教えるのは休みになる分で演奏活動を増やして各地の音楽祭で演奏するそうです。その夏のコンサートの一つがロワール地方のBlois(ブロワ)で行われるので行ってきました。

会場に30分ぐらい前についてリハーサルもちょっと見せてもらい、リハーサルが終わると先生に手招きされて一番目の特等席に座りました。距離にして1.5メートルぐらいで、演奏中も楽譜をめくる音、息づかいやリズムをとる足音まで聞こえます。

今回はベートーベン、グリーク(誰?)、フランク(誰?)の三人の曲を演奏してくれました。戦いのような勇ましい音から愛をささやくような甘い音まで多彩でバイオリンってこんな楽器だったんだと改めて教えられます。最後は汗びっしょりの熱演で、こちらも大感動でした。音楽家の個性が全面に出ていて、先生が普段レッスンで言っていることはこういうことかと理解できます。バイオリニストっていうのはこいうものという一つの基準点を教えてもらえました。

コンサートのあとの懇親会にも呼んでもらえたのでジュースを飲みながらコンサートの主催者や街の人たちと話をしていると日本人でフォンテーヌブローから来たというととても驚かれました。Bloisのお城は観光名所なのでお城には日本人もたくさん来ていますが、わざわざコンサートに来た人ははじめてだと喜んでももらえました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。