フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルゴーニュのワイン - Macon地区
これまで何度も行っているブルゴーニュですが最南部にあるMacon(マコン)地区は行っていませんでした。そこでこのあたりの生産者を二つほど見てみました。

一つ目は宿でお薦めされたところです。白と赤を5種類ずつほど飲ませてもらいましたが、白のほうがいいイメージです。すっきり系、しっかり系、フルーティ系などバリエーションもあってなかなか面白いです。

赤ワインはブルゴーニュで主流のピノノワールとボージョレーで知られるガメの2種類のブドウが使われています。ブルゴーニュでも南に向ってボージョレーに近づくとガメを使うようになっていくそうでこれは知りませんでした。ボージョレーに入った途端にブドウの種類を切り替えるのではなく、徐々に種類が変わっているのですね。

何より驚くのが安い!だいたいのワインが5ユーロ前後です。コートドール地区などでは10~20ユーロの場合が多いので、ここは本当にブルゴーニュかと驚きます。ためしにもう一軒行ってみましたが、味も価格帯もほぼ同じ印象でした。

ただ安いとは言えたくさん買って帰ろうとまでは思うことはなく、印象の良かった白ワインを数本ずつ買うだけにしました。マコンはもともと高級ワインの産地ではないようですが、コートドールなどの土地が高すぎて買えなかったがモチベーションの高い生産者が進出してきているらしいのでこれから期待ですね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。