フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランス(ブルゴーニュ)旅行
語学学校も1週間はお休みなのでフランス国内を旅行しようかと考えているところで、大家さんに相談してみました。モンサンミッシェルはどうかと聞いたところ、この時期は観光客が多すぎて5,6km手前から歩かないといけないからやめたほうが良いと言われました。ではどこが良いかといろいろ聞いているとブルゴーニュならいいんじゃないとのことになり、ブルゴーニュに行くことになりました。

ブルゴーニュとワインの話で盛り上がったところじゃあ飲みながら話そうということになり、大家さんの庭にあるテーブルで大人はワインを飲み、子供たち(10歳&3歳フランス人兄弟、4歳&1歳日本人姉弟)はというとゴルフスクールに通う大家さん宅の長男の手解きを受けながら芝生でゴルフに興じていました。ワインの話を聞いているとフランスで良いワインを見つけるにはやはり独自のコネクションが必要なようです。以前はAppellation d'Origine Controlee (原産地呼称統制)がついているものはよいワインだったが、今はAOCも増えすぎて良くないワインにもつけられるようになってしまい分らない。また値段が高ければよいというものでもなく、AOCではなく別の基準をつけようという話もでているそうです。またボルドーは少数の比較的規模の大きいワイナリーが主流なのでよいワイナリーを覚えておけばそのワイナリーのワインが手に入りやすいそうですが、ブルゴーニュは小規模なワイナリーが1000以上あるのでどれがよいのか分からずたとえ見つけたとしても生産量が少ないので買うのも困難だそうです。そこで中小企業の経営者でワイン好きフランス人である大家さんにブルゴーニュのワイナリーを紹介してもらいました。地図を渡されその場でワイナリーに電話までしてもらいました。「来週日本人の僕の友達が行くから良いワインを飲ませてやってほしい」と。早速行き先決定です。

さらに大家さんからはワイナリーに行く前にSemur-en-Auxoisという街に寄って行くとよいと言われました。フォンテンブローにあるお城など18世紀から19世紀初頭(ナポレオン1-3世の頃)がメインなのに対して、ブルゴーニュは14世紀から15世紀に最も栄えたそうです。当時のブルゴーニュ公国は現在のオランダやベルギーのあった地域まで領地を広げていたそうです。Semur-en-Auxoisにはこの時代の様子がよく残っているのでぜひ行った方がよいとのことでした。Semur-en-Auxoisの街の中心には中世の街並みがそのまま残り、そこで生活がされていました。特に12世紀にたてられて13-14世紀に修復された教会は、大きさも彫像も含めた美しさには圧倒されました。中世の騎士もここを通っていたんだろうなと思うとともに中世のブルゴーニュ公国の強さを感じることができました。
Semur-en-Auxoisの教会の前


中世の雰囲気も感じたところであとはワイン三昧です。まずはBeaune(ボーヌ)のMarche aux vins(ワイン市場)に行って、12世紀から使われている地下のカーブ(ワイン倉庫)を見て17種類のワインの試飲です。Chablis, Aloxe-Corton, Vosne-Romanee、Pommardなどのブルゴーニュを代表する各地域の村名ワインを順番に飲むとブルゴーニュワインが“ワインの王様”であり、“力強さと優雅な風味がある”と言われるのもちょっと分かりました。(簡単に言えばおいしかったってことです。)
Marche aux vinsの地下カーブのワイン樽


初日はここまででホテルに行きました。前日の夜にフランス語で電話して予約したのでちゃんと部屋があるか心配でした。チェックインをするとスペルが違っていますが僕のものらしき名前があります。何度もアルファベットを伝えた結果がこれか…とちょっと悲しくなりました。さらに宿泊人数を見ると4人のはずが3人になっており、子供が1人減っています。下の子の年が1歳というのは通じていましたが、4歳の娘の存在は忘れられていました。ホテルの到着時間もこちらは16時と言ったつもりでしたが予約は17時になっていました。結局ちゃんと合っていたのはチェックインとチェックアウトの日付だけでしたが部屋は確保。フランス語力はまだまだのようです。

二日目はワイナリー巡りです。まずは有名なChateau Clos de Vougetに行きました。ここにはワインを造るための道具やワイン祭りの時の写真などがありまあ面白かったです。ここまでは地球の歩き方にも載っている有名なところをまわってきて、ブルゴーニュの雰囲気は分かったのですが何となく物足りなさもありました。次に大家さんに紹介されたワイナリーに行ってみました。メインの通りではなく、細い道を入って行って小さな看板を見つけました。入って行くとおばさんが一人出てきてくれて、フォンテンブローから来た日本人で大家さんの名前を出すと途端によく来たねと迎えて、作っているワインを約10種類試させてくれました。それぞれのワインの語るときには“XXXのような香り”と言った評論家のような表現ではなく、“この年はとても暑くてブドウの量はとれなかったけど味は凝縮されていておいしい”と言った生産者ならではの解説を聞くことができました。何か芸術家が自分の作品を語る時に似た雰囲気も感じました。自分が作ったワインに対する思い入れを感じることができて、この思いがこめられたワインはそれぞれに個性的でおいしく何本も買ってしまいました。お礼に娘がバイオリンを弾くことになりパガニーニの“妖精の踊り”を弾いたところ、大喜びして娘の生まれ年の2002年のワインをプレゼントされました。娘もワインのカーブで弾いたのははじめてでそれもいい経験でした。
ワイナリーのおばさんと娘


そのあとはもう一つ紹介されたワイナリーに行きました。これはgoisot(ゴワソ)というワイナリーで、日本でも高く評価されているようです。場所はAuxerre/Chablisの近くの小さな村で、カーナビでも見つからなかった小さな通りにありました。行ってみるとおばさんが一人いて、地下のカーブに案内されて8種類ほど試飲しました。白ワインが有名な地域なこともあって特に白ワインのほうに自信があるようで、試飲でもまずは赤ワインを飲んでそれから白ワインを飲みました。どれも香りがよくて素晴らしいワインでしたが白ワインのほうがやはりよくてまた何本も買ってしまいました。ブルゴーニュにはAligoteというワインがありこれはカシスと混ぜてKir(キール)という食前酒にされることでも知られていますが、Goisotの人には“うちのAligoteはKirにするのはもったいないからそのまま飲んでほしい”と言われました。これも納得の味でした。ここで一緒に試飲をしていた人たちの中に、フランス人で妊婦さんがいました。妻が話しかけてみると妊娠4か月だそうで、そんなときにワインを飲んでいいの?と聞くと“Un petit peu”だからと言い訳しています。でも“フランス人のun petit peuは、日本人にしたらかなりの量だと思う”と言うと大笑いして、“私の身体はワインになじんでいるから大丈夫”とまた妙な言い訳とともにたくさん買い込んで帰って行きました。
Goisot試飲中


もう一つワイナリーを紹介されていましたが時間がなくなり残念ながら帰ってきました。ブルゴーニュの印象としては観光名所はブルゴーニュの雰囲気をつかむのにはすごくよいのですが、そこよりも小さくて個性の強いワインの造り手に興味を持ちました。これらのワイナリーは観光ツアーが行くこともなくひっそりと静かで、またそこで働いている人もどのように売るかのマーケティングよりもどうやっていいものを作るかに関心がある人でした。大家さんの紹介があったので今回はよくしてもらえましたが、ふらっと立ち寄っても冷たくされそうな雰囲気もありました。ブルゴーニュは足しげく通って関係を深めていかないといけない場所だなと思いました。

PSここまでであまり書きませんでしたがブルゴーニュの食事はとてもおいしかったです。特に赤ワインとあわせるとおいしい料理ばかりでした。前菜は牛肉のカルパッチョやテリーヌ、メインにはこれも牛肉のステーキかBoeuf Bourguignon(ブッフ・ブルギニヨンという牛肉の煮込み料理)と肉ばかりの食事を二日間も続けると野菜と魚がたべたくなりました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

エア・ライン・セレクション [2005]シャブ

シャブリという名にひかれて購入したが、あまり好印象を持てなかった。シャブリの鼻に抜ける香りは薄いですが、価格を考えれば満足すべきだと思います。実用品・普段使い  ワインは赤が好きですが、人にすすめられてコレを飲むようになって白も大好きになりました
ワインをあなたに捧げます【2007/09/18 02:11】






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。