フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パリのレストラン - le Relais de l'Entrecote
この間INSEADの同級生とパリで行った一番おいしレストランはどこかの話で盛り上がった時に韓国人夫妻が”l'Entrecoteのステーキが最高だった”と言っていて、肉好きの韓国人が絶賛するステーキってどんな感じだろうと気になったので行ってきました。フランス各地に支店があり、僕が行ったのはle Relais de l'Entrecoteというパリのシャンゼリゼの近くです。

www.relaisentrecote.fr

メニューをみると前菜はサラダ、メインはEntrecote(サーロインステーキ)しかなくて、ワインとデザートにはいくつか選べるようです。オーダーを取りに来たおばさんにはいきなり”焼き加減はどうする?”と聞かれます。日本にもステーキのお店に行ったことはありますがここまでメニューを絞ったお店はじめてでした。この思いきりは素晴らしい。

焼き加減を伝えてから3分後にサラダが来ました。サラダを食べ終わるか終らないタイミングでステーキとフライドポテトが来ました。肉は柔らかくジューシーでおいしかったです。食べ終わったころにまた肉が来ました。どうやら最初に四切れ持ってきて、冷めないようにしばらくしてから次に三切れを持ってくるのがここのスタイルのようです。

メインまで食べ終わったところでお腹一杯だったのでお会計をして帰りましたが所要時間が約30分でした。ファーストフード以外でこんなに早く食べれたのははじめてでした。お客さんは次々と来て並んでいましたが回転が速いのでそれほど待たないですし、一度座ればすぐに出てくるので昼休みの時間を気にする必要もありません。味もさることながらオペレーションも他のレストランよりも数倍効率が良さそうで、なかなかいいビジネスですね。

その後フランス人の友人に聞くとステーキを食べるならここのレストランが一番という人が多かったので評判もよいようです。フランスに来てステーキを食べたい方はぜひ行ってみてください。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。