フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レッドオーシャンな人生
ブルーオーシャン戦略の話をしている中でチャン・キム教授には”ブルーオーシャン戦略は個人のキャリアにも適用できる。そして君たちはレッドオーシャンなキャリアを送ってきたレッドオーシャンな学生だ”と言われました。確かにその通りでINSEADの学生の多くはよい大学を卒業し、よい企業で優れた実績を残して将来有望と言われ、地域社会でもボランティアなどで貢献しよい人と言われてさらに国際経験も豊富な人ばかりです。それはINSEADがそういう学生を集めているからで、僕も受験の時はこういう人に見えるように努力しました。(実際はそんなに立派でないので見せ方にかなり工夫が必要でした。)INSEADにいる学生は他の優秀な人たちよりも優秀だと評価されたから入学出来たわけで、これはレッドオーシャンで競争に勝ち抜いたということです。

となると次は自分にとってのブルーオーシャンを見つけることが大事です。そしてそこに向けて変化していくことが大事だと言われました。INSEADに来てたくさんの刺激を受けたことで変化しているはずでこれをストラテジーキャンバスで表現してみなさいと。いろいろな要素がちょっとずつ増えているのであれば大した変化はしていないということであり、新しい要素が加わりこれまでは大事にしていたものを捨てていれば変化しているということでそれがないと面白くないと思いました。

やってみるとなかなか難しいです。いろいろ学んだこともあって強くなった部分は思いつくのですが、別人のように変化したかと言われると分りません。チャン・キム教授に言われて以来自分にとってのブルーオーシャンを探し続ける日々です。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。