フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パリの語学学校終了
フランス語学校も3週目で僕にとっては最終週になります。ここの学校は2週間を一つの単位として動いているようで、3週目になって僕ももともとのクラスメートともにレベルが一つ上のクラスになりました。あわせて他のクラスから来た人や今週から入学した人とともに半分以上新しいメンバーでやっています。相変わらず日本人は一人だけで、ポーラント、ドイツ×2、チェコ、スコットランド、イタリア×2、アゼルバイジャン、タイ、中国、フィリピン、インドネシア、韓国、台湾、アメリカ、メキシコ、ブラジル、ベネズエラから来ていて国籍の多様性はすごいです。新しく来たメンバーと話しているとヨーロッパの人はパリにあこがれていて、ただの観光ではなく語学もちょっと勉強しようかなと思って夏休みに来た人が多いです。フランス語を学ぶ目的は面白そうだからといったところで、これまでに学校で半年ぐらいやったけどまだあまり使えないしせっかくだからもうちょっと勉強しようというところのようです。ヨーロッパの人はこういうノリでいろいろな国に行って言葉を身につけていくんだなとうらやましかったです。

クラスメートの一人にヘッドハンティング会社で働いている人がいました。話をしてみるとヨーロッパで優秀な人はヨーロッパ内のいろいろな国で働いているそうです。その場合には母国語+英語+もう一つヨーロッパの言語をしゃべれると有利であり、実際に3ヶ国語以上しゃべれる人はたくさんいるそうです。3つ目の言語として特に有力なのはフランス語、ドイツ語、スペイン語のようですが、ポルトガル語、イタリア語、オランダ語、スウェーデン語、ロシア語などもよいとのことでした。語学学校にも既に3カ国語が出来る上に4つ目の言語としてフランス語を学んでいる人もいますし、INSEADの同級生でも既に3カ国語話せるので語学に関する卒業要件をクリアしている人が多いのにはこういう背景があるのでしょう。日本人の感覚では日本語と英語が出来ればいいほうで、INSEADがもう一ヶ国語を要求するのは無茶なことを言っているような気がしましたがヨーロッパのビジネスパーソンであれば当然のことのようです。

今週になって以前にも書いたタイ人の令嬢は帰国しましたが別のタイ人がクラスにいます。彼はタイにあるトップクラスの学校でMBAを取得し、今はHECというフランスでもトップクラスの学校のPhDコースの学生です。去年から来ているのすが、学校ではすべて英語だったので全くフランス語はできず、生活に苦労したので夏休みの間にフランス語を勉強しようと思ってきているそうです。“ヨーロッパで仕事をするにはフランス語をやっておくと価値があるようだが、自分は卒業後はタイに戻るつもりなのでその時にはフランス語はほとんど意味がない。中国語のほうが役立つんだけどね”と言っていました。確かにアジアでのキャリアを考えるのであれば、母国語+英語+中国語かなと思います。フランス語はタヒチなどでは話されていますが、アジアにおけるビジネスでの実用性は中国語には敵わないでしょう。とは言え彼は今の生活に困っているんだし、フランスに何年もいてフランス語が出来ずに帰国することになったらさみしくないかと聞いてみると、“まあそうなんだけどね・・・”という感じでした。学費や生活費はすべてHECなどのフランスの組織から出ているそうで、タイでの収入ではとてもこちらに留学できないと言っていました。INSEADのクラスメートにもタイ人は少ないのですが、タイでの収入レベルでは留学費用を準備するのがとても難しいことが大きな理由になっているようです。

と言ったことを話しているうちに3週目のコースを終えました。3週間一緒に勉強した仲間とは別れを惜しみつつもまた会おうねと連絡先を交換しました。3週間の成果としては先生の指示が理解できるようなったので与えられた課題はほぼ確実にできるようになりました。それとテレビを見ているときに短いフレーズなら聞き取れるようになり、数字で金額を言われても分かるようになったのでちゃんとフランス語が分かっている人のようにスムーズに買い物ができます。(限られたフレーズしか言わないのでその場で話が盛り上がることはありません。)あとは習ったフレーズを使ってホテルに予約の問い合わせのメールをフランス語で書けました。来週は一週間フランス国内を旅行する予定でして、ホテルの空き状況や値段を問い合わせています。Accorホテルグループに属しているようなホテルであればネットで予約できるのですが、日本でいう民宿のようなところはフランス語で問い合わせないと返事がきません。地方に行くと英語が通じないことが多いのでフランス語を使わないといけないことが増えそうですがこれもいいチャンスと思って楽しんでこようと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。