フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アフリカからのメール
CNPMusicの顧客対応について話をしているときにアフリカからきた2通のメールが話題になりました。アフリカは元フランスの植民地だった地域も多く、フランス語も使われているのでフランス語のCNPMusicの本も細々ながら売れています。



1通はカメルーンからで、”私は2人のお客さんに御社の製品を紹介して2冊売れたのでコミッションを払ってください。”と書いてあります。CNPMusicも販売代理店契約の制度はありますが、売った後に契約??、しかもたった2冊??その証拠は??

結局払うのはやめようという話になりましたが、こんな話をダメもとでメールしたきた彼にはグッドチャレンジということで返信をすることに。




もう1通はコートジボワールで、”御社の製品を売りたいからとにかく20冊送ってください。”とあります。先に代金を振り込むようにお願いしたが先方は後払いを主張しているそうです。これが信用できる相手ならいろいろやりようもあるのでしょうが、実はアイボリーコーストの販売代理店で600ユーロ相当の商品紛失・代金未払いがあるそうでアフリカは気をつけるべきということでこの依頼は却下することになりました。



フランスも植民地をたくさん持っていただけあってCNPMusicのような会社でもアフリカ相手にビジネスは行われていますが、いろいろと苦労もあるんだなあと思いました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。