フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼稚園のお楽しみ会
土曜日に娘の通っている幼稚園でお楽しみ会のようなイベントがありました。日本の幼稚園では入園式、卒園式、運動会など父兄参加で母親が大活躍のイベントがたくさんありましたが、フランスでは1年間通って最初で最後のイベントです。

3時集合なので行ってみると親子がたくさん集まっています。まずは子供達は全員で10曲ほど歌を披露しました。娘によるとほぼ毎日練習していたそうです。フランス語、英語、そして日本語の童謡も2曲含まれています。実は4月頃に幼稚園の先生から簡単な日本の童謡を紹介して欲しいと言われ、娘が英語の授業で習った「幸せなら手をたたこう」や「10人のインディアン」を英語で歌っていたので、その歌なら日本語にも訳されているといって紹介したところこの2曲が選ばれました。日本語の発音もバッチリで元気よく歌ってくれました。子供の様子をみんな必死になって親がビデオで撮影するのは日本もフランスも変わりません。
歌う前の子供達

そのあとは幼稚園の庭や部屋に作られたブースで皆遊ぶことになりました。こちらのお祭りなどで良く見る釣りのゲームをしておもちゃをもらったり、お母さんたちが作ってくれた手作りケーキを食べました。
釣りゲーム

手作りケーキ

今回は日本人家族での出し物ということで折り紙教室もやりましたが、これが大好評で。子供たちが次々に集まってきて、飛行機や箱やピアノを作って行きました。娘も先生役で大活躍です。フランスでも”オリガミ”は知られているようですが、実際にやってみるのは親子ともにはじめてという人も多く喜んでくれました。さらにプラスチックの安いカップに日本語で名前を書いてあげるのも大好評でした。日本の文化をアピールするよい機会にもなりました。
折り紙教室

幼稚園では初の親子参加型イベントは親子ともに楽しんで6時頃に幼稚園をあとにしました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。