フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セカンドライフとINSEAD
少し前にはかなり話題になったセカンドライフですが、INSEADはセカンドライフにバーチャルキャンパスを持っています。(セカンドライフをやっている方はPlaceでINSEADを検索してTeleportしていただけば行けます。INSEADのTシャツはただで買うことができます。)

http://jp.secondlife.com/

今日はこのINSEADのバーチャルキャンパスで授業を受けました。恥ずかしながらこれまでセカンドライフを使ったことがなかったので、まずはアバターを作りINSEADのキャンパスに行って教室に座りました。しばらくすると先生や同級生がやってきてプレゼンテーションがはじまりました。プレゼンテーションを聞きながら質問もできます。セカンドライフの中の教室を見渡すと同級生が椅子に座っています。普段の教室のようでもあり、不思議なバーチャルの世界でした。

この授業ではセカンドライフのようなバーチャルな世界の可能性を考えることがテーマでした。セカンドライフを飛び回っていると様々な企業があります。ただほとんどの企業ではセカンドライフで紹介している内容はウェブサイトに出ていることと変わらないものが多いです。企業の活用事例を見ていると社内外のトレーニングや会議に使っていたり、マーケティングリサーチにも使われています。

セカンドライフは下火になっているようですしまだまだ一般的に使われている状況ではありませんが、バーチャルワールドは将来的に重要なテクノロジーになる可能性があるのでおさえておくことは重要だと思います。INSEADにはセカンドライフの活用の可能性はかなり真剣に検討しているグループがあります。教育においてはテレビ・ビデオ会議よりはセカンドライフのほうがすぐれている点も多くあり、これからはINSEADでもアプリカント向けのイベントをセカンドライフでやろうかという話も出ているようです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。