フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


音楽学校の先生のコンサート
昨夜は娘の通っているフォンテーヌブローの音楽学校の先生方によるコンサートに行ってきました。普段は子供たちに優しく・厳しく教えてくれる先生が、コンサートでは音楽家として演奏してくれます。普段学校で会う生徒もたくさん来ていて、先生としても下手な演奏はできないのでプレッシャーがかかるだろうなと思うのですが、そんな心配ご無用のハイレベルな演奏でした。

校長先生のピアノによるジャズからはじまり、バイオリン・チェロ・コントラバス・ギター・フルート・トロンボーン・オーボエなどがクラシックやジャズを次々と演奏してくれます。教えている姿しか見たことがなかった先生の真剣な演奏を聞くと、教えるのが上手なだけでなく音楽家としてもすごい演奏が出来る先生に教われるフォンテーヌブローの子供たちは幸せだなと思います。
音楽学校の先生のコンサート

そんな中でも娘のバイオリンのミルヒー先生は別格でした。今回はベートーベンの春でしたが、迫力と気合が違っていて弓がむちのようにしなりバイオリンから優しい音と力強い音が同時に出てきて、バイオリンが魔法の楽器に見えてきます。これまでに春も含めてバイオリンのソリストの演奏は何度も見てきましたが、この先生が一番すごいです。やはりフランスのトップレベルのバイオリニストはすごい。

ちなみにピアノはフォンテーヌブローの音楽学校唯一の日本人の先生で、あのバイオリンに負けないピアノを日本人の先生が弾けるのは同じ日本人としてもうれしかったです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。