フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADがWhartonとの提携を更新
WhartonとINSEADのアライアンスが次の4年間も継続されるように更新されました。僕はこのアライアンスはINSEADのポジションにとって重要なことだと思っているのでこの更新は良いニュースでした。現時点ではまだまだ問題もありこのアライアンスの価値をさらに高めるための努力は継続的に必要なことも確かですが、それでも前向きに続けていく必要があると思います。これからINSEADにアプライされる方にとってもウォートンとのエクスチェンジの機会が継続されることは良いニュースだと思います。

http://www.insead.edu/discover_insead/Newsroom/2008_alliance_renew.cfm

INSEADのテーマであるGlobalを考えた時にアメリカは重要な位置を占めており、学生にとってはINSEADのキャンパスがあるフランスとシンガポールに加えてアメリカでも学ぶ機会があるというのはINSEADの大きなメリットです。また教授陣を中心にリサーチの分野でも交流があり、ビジネス教育の分野では多くの先端事例が見られるアメリカのトップスクールと連携することは価値があると思います。

ちなみにINSEADはアブダヴィとイスラエルにリサーチセンターを持っており、アメリカでもニューヨークにオフィスを去年オープンしました。数年後には南米にキャンパスを作るのではという噂も聞いたことがあります。INSEADでは"The business school for the World"に向けて様々な努力がなされており数年後にはまた別の姿が見られるのではと思っています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。