フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADの授業-Blue Ocean Strategy Study Groupとモボルニュ教授
Blue Ocean Strategy Study GroupはP5で取っているエレクティブのコースです。ブルーオーシャンストラテジーはINSEAD発の最も有名な戦略に関するアイディアです。このブルーオーシャンを提唱者のチャン・キム教授やレネ・モボルニュ教授に直接指導を受けながら実際の事例を研究するというコースです。ウェイトリストにたくさんの学生が並んでいる人気の授業ですが何とか取ることができました。ちなみにチャン・キム教授とレネ・モボルニュ教授はThe world's most important and influential business thinkersのランキングで6位になっています。その前後にそうそうたる名前が並んでおり、こんなすごい人と直接議論をさせてもらえるのはありがたいことです。

http://www.thinkers50.com/?page=2007

進め方としては授業は特になく、教授から何度か指導を受けながら自分たちでプロジェクトを進めていきます。まずは初回にはこのコースをとる学生全員でモボルニュ教授と話をする機会がありました。モボルニュ教授の話を聞くのははじめてだったのですがすごく分りやすかったです。ブルーオーシャンストラテジーの分析の進め方や本でも紹介されているNTTドコモの事例などだけでなく、Distructive Innovationとブルーオーシャンの違いなどスカッと説明してくれました。

チャン・キム教授はいろいろなエピソードなどが面白く、情熱的で話を聞いているとどんどん引き込まれていくスピーカーですが一方でやや分かりにくいことがありました。モボルニュ教授は比較的クールでてきぱきと答えてくれるので分りやすいです。そんなスタイルの違いはありますが、ブルーオーシャンストラテジーに関する熱い思いや背景となる理論や事例に対する理解が一致していて二人が同じ話をするのにも驚きました。

この授業はまだ始まったばかりですがかなり貴重な機会になりそうなので頑張ろうと思います。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。