フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モロッコはフランス人にとっての沖縄?
モロッコには西欧人がたくさん観光に来ていますが、その中でもフランス人が一番多く、半分以上はフランス語圏の印象です。その理由を考えてみると以下の3つでは思いました。

1.言語
モロッコはフランスの植民地だったためにフランス語が通じます。ホテルなどでは英語も通じますが、街で普通の人と話すと英語はダメなのですがフランス語は通じます。

2.数時間で行ける南国
フランスからは3時間のフライトでつくので3-4日か1週間も休みが取れれば行ける距離です。またフランスはまだ春で泳ぐことができませんが、モロッコは暑いぐらいでみんなプールで泳いで日焼けして帰って行きます。

3.異国情緒
モロッコはイスラム圏の国なので、建築様式も違えばイスラム寺院もあり、食事も違います。


こう考えて行くと東京に住んでいる日本人にとっての沖縄のような位置づけかと思いました。沖縄は日本語が通じ、2-3時間で行ける南国で、琉球の文化も体験できます。うちにとってはこれが沖縄の魅力だったのですが、フランス人にとってのモロッコにはこれがあてはまりフランス人がたくさん来る理由が分かりました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。