フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2週目の授業
語学学校もまた1週間終わり何人かのクラスメートは母国に帰っていきました。そんな2週目の授業はどんどんエスカレートしていきました。最初の週に自己紹介の表現をいろいろ覚えたと思ったら、今週はナント恋人を探す!練習でした。まずはテキストにあるアノンス(広告のようなもの)が恋人を探す男女が書いたもので、自分の年齢・体格・職業・性格・趣味と希望するパートナーの年齢性格などが書かれています。形容詞と男性・女性の活用などの文法を学ぶのが目的なのですが、途中からみんな文法のことはは忘れていきます。

まずは男と女を表現するのにどういう形容詞を使うかをクラス全体で話しました。みんなIntelligentとかResponsableとかいい意味の形容詞を適当に並べるだけなので盛り上がらなかたので、そこで僕が“女性はHysteriqueだ。なぜならうちの4歳の娘は毎日突然ヒステリーを起こして、僕はしょっしゅう怒られて大変だ。”と言うと盛り上がり始めます。他にはと聞かれたので“あとはCompliquee(複雑?)でMysterieuse(不可解)で理解できない。この間も妻と買い物に行って、2ついい服があったので妻がどちらの服にしようかと相談してくるので、右がいいと僕が答えると5分後に左の服を買っていた。全く理解できない”と言うとまた笑いが。男はどうだというので、“Stupid(バカ)だ。うちの息子は1歳なのに全然しゃべらない。娘が1歳の時にはもっと話をしたのに全然話さないから男はバカだと思う”というとまた笑いが。お前はとんでもない家族だなという話になり、そんなお前はどうなんだ?と聞かれたので、“形容詞はよく分らないけど、僕は話を聞かない。妻と娘がいろいろ言ってくるけど、ほとんど聞いていないんだ”と言うと大変な家族だねということで盛り上がりました。

雰囲気も和んだところで授業の後半はいよいよメインイベントで、習った表現を使って二人ペアでダイアログを作ってみんなの前で発表します。僕のパートナーはタイから来た16歳のご令嬢です。名前、年齢、職業や趣味などをお互いに話しなさいと先生から指示されて、二人の子持ちでどんな会話するのかとちょっと戸惑いましたがここはフランスなんだからと開き直ってやりました。二人でフランス語の会話を考えて準備して発表したら大爆笑でした。実際はこの倍ぐらいは話したのですが、笑いの起こったところを中心に再現します。

令嬢 : Quelle est ta nationalite ? (何人ですか)
男 : Ju suis japonais. Et toi? (私は日本人です、あなたは?)
令嬢 : Ju suis thailandaise. (私はタイ人です)
男 : Tres bien. (それは素晴らしい)←みんな笑う
令嬢 : Quelle est ta profession ? (仕事は何をしているのですか?)
男 : Je suis consultant. Je suis intelligent et responsable. Et toi ? (コンサルタントです。そして頭がよく、責任感が強いです。あなたは?)
令嬢 : Je suis lyceenne. (高校生です。)
男 : Lyceene ? Quel age as tu ? (高校生?何歳なのですか?)
令嬢 : J’ai 16 ans. Et toi ? (16歳です。あなたは?)
男 : Tu es tres jeune. J’ai 31 ans. Est-ce que ju suis trop vieux ? (あなたは若いですね。私は31歳です。ちょっと年上すぎますか?) ←みんな爆笑
令嬢 : Non, non (いえ、そんなことはありません)
男 : Qu‘est-ce que tu fait ? (あなたは普段何をしていますか?)
令嬢 : J’aime ecouter de la music R&B. Et toi ?(R&Bを聞くのが好きです。あなたは?)
男 : J’adore voyage. Je visite Thailande 10 fois. Je travaille beaucoup, 60-70 heures par semaine. Mais, je gagne beaucoup. (旅行が好きです。タイにも10回行きました。あとは仕事です。週に60-70時間働きます。しかし、お金はたくさん稼いでいます。)
令嬢 : ----(どうコメントしていいのか苦しそうな表情。)

と最後にみんな爆笑で終了です。いつもの日なら文法とか発音についてコメントされるのですが、今日に限っては“年が離れすぎているからうまくいかないと思う”(ロシア人女性)“とか”お金の話をするのはよくないと思う“(ロマンチック&乙女チックなチェコ人女性)とコメントされました。そんな中でイタリア人男性からは、”あのフィーリングならいけると思う“とコメントされました。その翌日の授業では電話でデートに誘う練習で、今度のパートナーは20歳のイタリア人の女の子です。二人で映画に行って食事をする約束ができました。実際には授業が終わったらイタリア人の女の子はさっさと教室を出ていき僕も妻と子供のもとへ帰ったのですが、軽く夢を見させてくれる授業でした。

それにしてもこんな授業ははじめてです。これがフランスなのでしょう。来週やる範囲のテキストを見ていると結婚式らしき写真が出ています。来週は結婚してしまうのかもしれません。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。