フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リクルーターからのINSEADの評価
ありがたいことに僕をインタビューに呼んでくれた会社がインタビューの前日にディナーに呼んでくれたりします。そこではざっくばらんにいろいろな話を聞いてよいことになっているので頑張って話をします。面白かったのはリクルーターの評価でした。

その会社はIT系の会社でその会社の将来の幹部候補を採用することが目的です。INSEADだけでなく他のビジネススクールもまわり採用しているそうですが、INSEADにはその会社の採用したいタイプの学生が多くいてすばらしいとのことでした。

ビジネススクールではCVブックと言う全学生の履歴書を集めたものをリクルーターに配っています。彼女も各校のほぼすべての学生の履歴書を見ているそうです。ただある学校などは”異なる分野のことを次々とやって何をやりたいか分からないからビジネススクールに来た”という学生ばかりでがっかりするが、INSEADの学生は履歴書を見ても何をやってきてこれから何をしたいのかが伝わってくる学生が多くてよいとのことでした。彼女にとってはハーバード、MIT、スタンフォードとバークレーにINSEADを加えた5校が個人的にトップ5の学校だそうです。

この話を聞いていて思うのはまずはビジネススクールに来る以前にやってきたことやビジネススクールで何をするかが大事だということです。実際に就職活動になるとINSEADの学生同士の競争であり、その中で目立つには留学前に何をしてきたかが重要です。ビジネススクールの経験はこれまでのキャリアにちょっと上乗せされるぐらいに思っていた方がよくて、INSEADに来ればどんな会社にでも行けるというのは大きな間違いです。

それと学校がダイバーシティと言っていることの理由にはどのタイプの企業の担当者が来てもINSEADに来ると採用したい学生がいると言わせたいこともあると思います。僕が話をしたIT系の企業の担当者は”ITにも強いアメリカの学校の学生と同じレベルの学生がINSEADにもいる”と言ってもらえたわけで、これはINSEADとしても成功なのだと思います。INSEADにはもちろんIT系以外にも様々な企業がリクルーティングに来ていますが、どの業種の企業が来ても採用したいと思わせられる学生を揃えることを狙っているのだろうなと思いました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。