フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


就職活動苦戦中
就職活動ですがあまりうまくいっていません。まずヨーロッパでの仕事では現地の言葉が出来ることが必須になることが多いです。(日本とも似たような状況です。)例えばヨーロッパ各地にオフィスのあるコンサルティングファームの場合には、英語でOKなロンドンオフィスにはイギリス人だけでなくアジア、アメリカ、アフリカなどの学生がみんなアプライするのですごい競争率になります。あるコンサルティングファームのロンドンオフィスにはINSEADから160人が応募してそのうちの10%しかインタビューに呼ばれなかったそうです。ロッパの言語が出来ない学生はたいていロンドンにある会社に応募しています。例えばルーマニアなどのオフィスでは、採用枠はロンドンより少ないもののルーマニア語が出来て応募できる人が少ないのでルーマニア人はほぼみんなインタビューに呼ばれています。

そんな競争をくぐりぬけてなんとかインタビューまではこぎつけるものの、そこから先もなかなか厳しいです。ある会社も10人インタビューに呼んで、オファーを出すのは1-2人と言っていました。

僕も何とか複数社と面接していますがなかなかうまくいきません。一つの会社の面接では複数人とやることが多いのですが、どちらか1人はいい感じで行くもののもう1人とはダメでなかなか2人そろえることが出来ません。残念ですがここは自分の力不足・準備不足の結果であり、厳しい現実を受け入れて次に進むしかありません。

INSEADに入学した直後にDec07クラスの先輩が就職活動で苦労しているようすを見ながら大変そうだなと思っていましたが、気がつくと自分も同じような状況にいます。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。