フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ディックブルーナハウス(ユトレヒト)
ユトレヒトにはディックブルーナハウスを見るために行きました。ディック・ブルーナはミッフィーで有名な作家です。ユトレヒトで生まれて、ミッフィーなどたくさんのキャラクターの絵本を書いています。
ディック・ブルーナの作品

ディックブルーナハウスはミッフィーの絵本だけでなく、子供サイズの家やコンピューターグラフィックなどもあって子供たちは大満足で遊んでいます。ミッフィーの絵本が好きなうちの子供たちにはぴったりの博物館でした。
ミッフィーのおうちの中

ディック・ブルーナは出版社の経営者の家庭に生まれたそうです。絵が好きで学んでいたときに親から家に戻ってくるように言われ、経営者としてではなくグラフィックデザイナーとして親の会社に入社したそうです。出版社で出版する本の表紙などを書きながらミッフィーなどの作品を世に送り出していったそうで、彼にとってはこれが最高の職場だったそうです。
ミッフィーのコンピューターグラフィック

ちなみにディック・ブルーナはアムステルダムに絵の勉強に行ったところ授業の内容にがっかりしてパリに留学し、そこで大いに刺激をうけたそうです。効率重視のオランダにいるだけではアートの才能は育たないのかなと思う一方で、出版社からアーティストが育って行くのもオランダっぽいのかなと思いました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。