フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第1回目のレッスン
娘がフランスでバイオリンを習う先生との初めてのレッスンです。フランス留学が決まったときにフランスにいる娘のバイオリンの先生を探しました。日本ではスズキメソードでやっていたのでまずはスズキメソードのネットワークで探したのですが、フランスではあまり盛んでないようで先生の数も少なく、さらに日本語ができる先生となると見つかりませんでした。有名なピアニストで音大の教授である青島広志さんと話す機会があったときに、バイオリンなど楽器を習うのは詳細な言語表現まで理解できないとかなりストレスになるだろうから日本語で教えてくれる先生を探したほうがよいと言われていました。次にINSEADの在校生や学校の人に聞いてみましたが、INSEADの学生の子供が過去にバイオリンを習ったことはないようで何もわかりませんでした。そこでパリの日本人向けのWebサイトを見ていたら偶然見つけました。先生は日本の音大卒業後に渡仏されて在仏5年目。パリの音大でディプロマを取得された後は、ソロや室内楽の演奏活動をされている傍らフランス人や日本人にバイオリンを教えていらっしゃるそうです。幼少時代は娘と同じスズキメソードでバイオリンを習われたそうで、日本でも子供向け音楽教室で講師もされていたそうです。

昨日バイオリンの先生との1回目の正式なレッスンがありました。日本のスズキメソードで習っていた時には、レッスン時間は1回30分弱。フランスでは1回1時間のレッスンになり、娘の集中力が続くかやや心配です。

14:00-14:30
レッスンの最初は音階などの基礎的な練習。先週の顔合わせ兼レベルチェックの際に、イ長調の音階と分散和音が宿題になっていました。先ずは宿題のチェックです。一度娘が弾いてみます。
スズキ時代は、教本(楽譜)は親が持つもので、娘は楽譜を見て先生と授業をすることは全くありませんでした。教本についているCDを自宅で何度も聴き、子供が母国語を習得するのと同じプロセスで耳を育てるのがスズキメソードの「母国語教育法」です。娘にとっては、CDと先生の弾くバイオリンの音が頼りです。(おかげで娘も音はだいぶ分かるようになっています。)
ところが今回の先生は最初から譜面台に楽譜をのせ、「この音はもっと↑(高く)」、「2と3の指をもっとくっつけると音程が安定するからここのところは注意してね」など具体的な指示をどんどん楽譜に書きこんでいきます。また、スズキでは習ったことのないリズムも先生から指示されその場で音階にバリエーションが加わっていきます。先生の口での説明では理解しきれなかったところはお手本を弾いてもらい、娘もそれに続きます。(先生にデモをしてもらった方が娘には理解しやすいのです。)
今後は、音階など基礎練習用の教材『プチパガニーニ』を使っていくそうです。まだ音符の勉強中ですので、音符に指順を振ったものをその場で渡されます。「ここは全部A(アー)線だから指順だけみてここまで弾いてね」と。恐る恐る娘は指示に従います。ただ思ったより上手くできたようで娘も満足気。
先生の話では、小学校高学年までスズキメソードでバイオリンを習われたそうですが、読譜を全く習わなかったのでその後とても苦労されたそうです。音符が読めるようになるまでは指順を見ながら新しい曲などを弾いていきましょうとのことでした。

14:30-14:45
課題曲。スズキ教本Vol.2よりリュリ作曲「ガヴォット」。先ずは娘が一回弾きます。一週間の自宅練習で何とか弾けるようになっていたのですが、先生からは音程等の指導が一つ一つ丁寧に入りました。音階練習同様、楽譜に書きこみながらの指導です。また、楽譜上にある記号の説明もその都度娘に「この記号分かる?」⇒娘「・・・」首を振る、、そして説明。そして娘に分かりやすいようにお手本を弾いてくださいます。スズキの先生ではこの場合、「ここんところはCDはどういう風に弾いてた?こういう風に聴こえたの?じゃあ先生の弾き方、どっちがいいか教えて?…」等と授業が進んでいましたが、今回はよりアカデミックというか音の違いを聴かせて理解させるというよりは、理詰めというか・・・実は娘にはこの方法の方があっていたのかなぁと思うときもあります。先週出された課題曲は引き続き宿題となりました。より細かい指示を受けて。

14:45-15:00
ソルフェージュ。先週はド・レ・ミを少しだけならいました。宿題は五線譜にド・レ・ミをそれぞれ5回ずつ書いてくること。娘は「宿題=毎日するもの」という習慣が4歳にして既についているので、律儀にも毎日5回ずつ書いていきました。その甲斐あってか、先生の確認テストは難なくクリア。そしてファ・ソ・ラの宿題と、先生お手製の音符マッチングクイズを宿題として頂きました。五線譜も、先週の宿題では書くスペースがなくなってしまったので、母が五線譜の裏側に線を五本引いてあげたのですが、先生が予備の五線譜をくださったので、今週は思う存分練習できそうです。

こんな具合でレッスンが進み、無事1時間のレッスン終了。新しいこと尽くめで緊張していたかと思いきや、帰りの車の中では「日本のスズキの先生とやり方が違うけど楽しかった♪」と声が弾んでいます。出国前はボイコットとも思えるような態度でバイオリンを弾きたがらなかった娘ですが、今では「上手になりたいからフランスの先生のところには週3回ぐらい行きたいなぁ・・・」と。(お月謝が大変なのでそれは却下ですが・・・)

先生とお会いして娘も以前のようにやる気を取り戻してきたようです。先生から出されたソルフェージュの宿題や課題曲(スズキの教本を当面はそのまま使うことになりました)、音階の練習なども自ら進んでやるようになりました。特にスズキでは全く習わなかったソルフェージュは面白いようです。フランスでは子供向け音楽教育はまずソルフェージュからだそうで、楽器を習ったりするのは5~6歳になってからのようです。その点、娘は珍しい存在のようで、こちらの方々から驚かれます。「トレビアーン」と褒めてくださいますので、娘もうれしいようです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

やる気が出てきてよかったですね!
基礎練習に30分かけるというレッスンは細部に丁寧な印象でこれからが楽しみなところです。
我が娘のソルフェージュ関連教室は今は夏休みです。まだ音符までは到達していません・・。(スズキの先生でご一緒していました。)

【2007/07/28 09:12】 URL | chocoya #6nNNVDXU [ 編集]


コメントありがとうございます。

これからも授業の様子をブログに書いていくつもりなのでまたご笑覧くださいませ。

また一緒にバイオリン弾きたいですね。
フランスの空気のもと音色が違って聴こえます。(気のせい?)

【2007/07/29 05:43】 URL | MlleMozart #- [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2007/08/14 15:44】 | # [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。