フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADの授業-ブルーオーシャンストラテジー
INSEADと言えばBlue Ocean Strategy(BOS)をイメージする人もいるぐらいのインパクトがあったと思います。このBOSを提唱したチャン・キム教授はとても忙しいのでMBAの学生を教えることはなかなかありません。僕がP2の時に受けていたStrategyの授業の中で講義をすることも検討したそうですが実現せず、今回は今のP2のコースの一部として実現しました。今はP4の学生もP2の学生と一緒に話を聞くことができました。

会場はINSEADの一番大きな教室を使っていますがそれでも超満員で立ち見まで出ています。キム教授も情熱的に話をしてくれるのでみんな聞き入ってしまいます。イノベーションを偶然起きるのを待つのではなくシステマティックに起こすことが出来るはずであり、これが大きな利益につながるということには自分の仕事を通じても感じていたことであり、これを理論立てて説明してもらえたので納得感がありました。

またこれはBOSは企業だけでなく政府、NPOや個人レベルにも適用できるとの話はその通りだと思いました。例えば就職活動でも優秀な同級生と頭の良さで単純に勝負するのではなく自分にしか出来ないユニークな価値を見つけた上で、あまり同級生が興味を持たないけど自分のユニークさが活かせるところで勝負しようと思っていたのでキャリアにもブルーオーシャンがあるというのは納得できました。例えば同級生が何十人も入って行くコンサルティングファームは従来のコンサルティングファームの評価基準のもとでMBAホルダー同士が競争するレッドオーシャンであり、これまでに誰もMBAホルダーが就職していない企業でMBAで学んだことを活かしてユニークな貢献ができれば社内でユニークなポジションを取ることが出来ます。後者の方が賢い選択だと思うのですが、ほとんどの人が前者の方を選択していくのを不思議だなと思いながら見ています。

本で紹介されている内容とかぶるところもありましたが本物のキム教授の話を聞くと迫力があり、やっぱりBOSってすごいかもと思いました。P5にはキム教授に直接指導を受けながらBOSを実際に適用するプロジェクトをやることができそうで、今から楽しみです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。