フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Chablis(シャブリ)のワイナリー訪問
久々のブルゴーニュで、またワイナリーにも行ってきました。今回はChablis(シャブリ)です。シャブリに向かうとぶどう畑が出てきたのですが、地面が白いのです。(ブルゴーニュのコートドール辺りは基本的に赤土です。)これは大昔にこの地域は海の下であり、牡蠣などがここにいたことが影響しているそうです。当時の牡蠣などのミネラルが含まれたシャブリのワインが牡蠣にあうと言われる理由もちょっと分かりました。

実は日本にいる時にChablisにはあまりいい印象はありませんでした。味は嫌いではないのですが、Chablisということで値段も高くなりコストパフォーマンスがあまりよくない印象があります。また生産者によって差もあるようで、あまりおいしくないハズレワインにあたったこともあると思います。ただこれは今回の訪問で印象が変わりました。

行ったのはWilliam Fevreで、年間2万本も生産し日本にもサントリーを通じて輸出している大手の生産者です。予約を取って行ったので地下の生産設備や樽等を見せてもらい最後に試飲です。試飲は2006年ものをプチシャブリ、シャブリ、プルミエクリュ、グランクリュとランクを上げて行きながら飲ませてもらいました。すっきりした味わいから木樽の香りがついた濃厚な味へと変化していきます。同じ年、同じ種類のブドウに同じ手順で醸造してもこうも味が変わるものかと思いました。

実は見学+試飲で一人5ユーロと言われていたのですが、お土産に何本か買うとこの見学料は無料にしてくれました。いろいろ教えてくれる親切なワイナリーで楽しい訪問になりました。
Chablisのワイナリーでの試飲

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。