フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルゴーニュ子連れ家族旅行
週末に1泊2日でブルゴーニュに行ってきました。今回はINSEADの同級生で子供のいる家族ばかりで5家族で大人10人子供8人のグループです。これだけの人数になると手配も大変でしたが、何とか無事に出発できました。

まずは集合して1時間ほど移動してランチにしたのですがこれだけの人数になると食事をするだけでも大変です。最初ははじめて会う人も多いので警戒していた子供達も徐々に調子が出てくると制御不能で大騒ぎになってしまいました。何とかメインを食べれたのですが、デザートを食べる余裕はなくそこでお店を出て次に向かいます。

その後に向かったのはステンドグラスの工房です。ここは日本人の方がやっておられて地球の歩き方で見つけていってみました。観光客向けの施設ではなく、もともと馬小屋だったのを改造してそこで作業をしておられました。大人も子供も興味津々で、ステンドグラスの作り方を聞いて、ガラスを切る実演もしてもらって出来上がった作品もみせてもらいました。子供達もあとでステンドグラス作りごっこをやったりしていたので、アートの心が芽生えるきっかけになったのかもしれません。
ガラス切りの実演中

その次にはワイナリーです。今回はChablisで、その中でも大手のところです。ここではまずは製造施設や地下のカーブをみんなで見学して、酒好きは試飲でその他の大人は広場で遊ぶ子供の面倒を見るとなっていました。僕は子供に面倒を見てもらいながら、じっくりしシャブリを楽しみました。

そのあとで夕方になって今回のChambres d'hotesに行きました。人口300人でお店が一件もない小さな村です。そこに村の人口を6%も増やすような大人数のグループで訪れたのです。田舎なので庭も部屋も広く、飼っている鶏やがちょうにも触らせてもらいました。近所には羊もいて、翌朝にはこれにも触らせてもらって子供たちは大喜びでした。ちょっとした動物園に行ったようでした。
Chambres d'hotesもすごくよくしてくれました。5部屋しかないので我々のグループで貸し切りです。夕食にはブルゴーニュの地元の料理や季節の素材を使った料理とこれにあわせたワインを出してくれた上に、誕生日ケーキも用意してくれました。子供たちを寝かせた後には親だけがリビングに降りてきてさらに夜遅くまで飲み直したのですが、そのためにワインやグラスを用意してくれました。翌朝には自家製ジャムの朝食を用意してくれて、そのあとにはも何時まででも遊んでいて大丈夫だからとのんびりさせてもらった上に、お昼のレストランも予約してくれました。子供たちは大騒ぎで迷惑だったのではと思いますが、いやな顔一つせずに見送ってくれました。
Chambres d'hotesの暖炉の前でリラックス

二日目にはランチをしたあとで観光の予定でしたが、ランチに2時間半かかってしまい、雨も降ってきたことやちょっと疲れ気味だったこともあって観光はやめて帰ってきました。

大家族旅行は大変なところもありましたが、大人も子供もそれぞれに楽しむことが出来ました。大人はいろいろ観光もしたかったりもしますが、娘によるとChambres d'hotesで他の子供たちと遊べたことが一番楽しかったそうです。確かにその通りでたくさんの人が集まって一緒にのんびりと過ごせたのが一番よかったよなと思いました。
集合写真

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。