フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Pre-Select
書類選考もさらに進んで毎日新たに結果を受け取っています。が、良い話はほとんどなく戦績は下がっていっています。そんな中でPre-Selectしてくれた会社からメールが来ました。

Pre-Selectというのは会社側がINSEADが作成したCVブック(全学生の履歴書)を見て、自分の会社で採用したい学生を選んで個別に声をかけてくれます。通常は会社のプレゼンテーションを聞いてから応募して書類選考を通過するとインタビューですが、Pre-Selectされるということは次のステップはインタビューになります。

僕をPre-Selectしてくれた会社は名前は聞いたことがあるけど何をしているのか知らない会社です。早速調べてみると、何もかもが素晴らしい会社に見えてくるから不思議です。この会社だけが僕の良さを分かってくれるんだと一人で盛り上がったりします。ずっとフラレ続けた時に、自分のことを好きと言ってくれる人がいるとその人が輝いて見えたのと同じ効果でしょう。

”インタビューを受けてくれますか?”とメールにあるので喜んで受けますと返事をしました。するとその翌日に”インタビューの前にディナーをやるんだけどそれにも来てくれますか?”と返事が来ました。ただで飯を食わせてくれるのかと思ってまたもや喜んで行きますと返事をしました。その日はその会社がカンパニープレゼンテーションをやる日で、プレゼンの後に選ばれた学生のみがディナーに行けるというのも優越感をさらに高めてくれます。

しかし数日たってちょっと冷静に考えたときになぜ自分がPre-Selectの対象になったのかがよく分からないことに気付きました。その会社は東京にオフィスもなく、その会社が対象としている業界の経験もまったくありません。冷静にその会社の業務内容を見ると自分が理想としている仕事か疑問もわいてきました。そうなると招待されているレストランもフォンテーヌブローで一番高いレストランじゃないことも気になりはじめました。


いろいろな思いが交錯する中でいよいよその会社がキャンパスに来る日になりました。プレゼンテーションを聞いてみるとそこがある業種ではトップのコンサルティングファームだということが分かりました。知らなかったよ。プレゼンテーションが終わってからしばらくそこでたむろしているとレストランまでの地図を渡されました。(どこにあるかは知っているけど)。

レストランは思ったよりもいいレストランでした。前菜、メインの魚料理にチーズとデザート・コーヒーで、飲み物は食前酒のキールにブルゴーニュの白ワインとボルドーの赤ワインでした。料理もワインもなかなかです。

ディナーに来ていたのはその会社の役員、若手コンサルタント、人事マネージャーにINSEADの学生が7人です。人事マネージャーが以前働いていた会社の上司を僕も知っていることなどでまずは最初に話が盛り上がりました。さらに話をしていて分かったのはこの会社は東京にオフィスをオープンする可能性があるということでした。だから自分が呼ばれたのかと納得でした。東京のコンサルティングマーケットやオフィスをオープンした場合にどのように進めるかなども話せて面白い話もできました。

行ってみるといろいろな疑問もはれてポジティブな印象を受けたのでがんばって次のステップに進んでいこうと思います。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

それは、縁のありそうな話ですね。good luck!

【2008/04/07 04:38】 URL | mitch #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。