フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プライベートイクイティへの就職
Private Equity(PE/プライベートイクイティ)はMBAの学生にとって常に話題になる就職先で、出来ればPEで働きたいという人はたくさんいます。ファイナンスやストラテジーなどMBAで習うことをすべて用いる必要のある経営の総合格闘技であり、仕事の内容も収入面でも最もやりがいのある仕事だと言う人もいます。

しかしこのPEに入るのはかなり難しいです。そもそも社員数が数十人から百人程度の規模の場合が多く、当然ながら採用も数人しかない場合が多いです。1社で毎年INSEADから数十人も採用する会社が複数あるコンサルティング業界と比べると門の狭さが分かると思います。

この中でも大手のファンドはキャンパスまで来てくれることがあります。それでもAlpInvestやBlackstoneのアドバイザリー部門なので狭い意味でのPEとはまた違うので、もうちょっと広い意味でオルタナティブ・アセット・マネジメントと言った方が良いのかと思います。

キャンパスまで来てくれても採用は数人あるかどうかなので、希望者の数と考えると競争は激しいです。実際のところPEやヘッジファンドに就職して行く人はもともとそういう業界にいた人か、就職するために独自にネットワークを広げていった人たちです。PE系のファンドは数もそれほど多くなく、結構狭い世界でみんなつながっていたります。この中ですべてのファンドのマネージャーと知り合いになれたというぐらいの人はオファーをもらったりもしています。

僕も詳しいことはよく分らない業界なのですが、INSEADに来ただけではドアは開いておらず、自分で積極的に仕掛けていかないといけないんだろうなということだけは分かりました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。