フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コンサルタントは経営者への近道か?
”コンサルタントは経営者への近道だから、将来経営者になりたければコンサルタントになるとよい”という話をしているコンサルティングファームがありました。日本でもよく聞く話だと思います。確かにコンサルタント出身で有名な経営者もたくさんいます。

でもこれには疑問を持っていました。将来経営者になりたい場合にコンサルタントになるのが“一番の”近道かということです。コンサルタントから経営者になる人もいるけど、他にも道はたくさんあってそちらのほうがいいのではということです。どういう経営者かにもよりますが、日本の大企業であればその企業のプロパー社員の方がなる場合が多いですし、ベンチャー系の企業でもリクルートや金融系の企業の出身の方が多いような印象を持っていました。海外(特にアメリカ)はコンサルタントから経営者への道は有力ではありますが、コンサルタント経験のない経営者もたくさんいます。

これについても何社かのコンサルタントと話をしてみました。コンサルタントが経営者への近道という根拠としては若手のうちから経営者の抱えている課題解決に取り組み、経営者の仕事ぶりを見る機会が多いことのようです。経営者の悩みを知り解決策を考えるのは、将来経営者になるためにはよいシミュレーションでありトレーニングだと思います。

一方で自分でもコンサルティングをやって経営者と話をしながら疑問に感じていたことがあります。それは自分の書いていることが理論的には正しいとしても、それをどこまで自分で実行できるかです。実行策によっては取引先や従業員にタフなことをお願いしないといけない場合があります。経営者の方が”この策の必要性は分かったから、取引先や従業員は私が説得する”と言っていただくことがあります。コンサルタントとしてはここまでの策を作れれば合格だったのかもしれませんが、自分が経営者になったときに同じことを言えるかは自信がありませんでした。、

これについて言われたのは”確かにその通りで、コンサルティングでは経営者に必要なスキルのうちハードスキルは鍛えられるがソフトスキルはまた別だ”とのことです。極端な例としては経営課題を理路整然と整理してソリューションを理論的に見つけるためことはできるが、”俺について来い!”と言ってもだれもついて来てくれない(ついていきたいと思う人はだれもいない)ような人はコンサルタントとして成功する可能性はあっても経営者としては難しいと言うことだと思います。

新卒でコンサルタントをずっとやってきた人に対してヘッドハンターは”将来経営者になりたいのであれば事業会社に転職して事業のマネジメントを経験すべき”とアドバイスされるのはよくあるのですが、これも納得感があります。

将来経営者を目指すとした場合にも、個人のスキルだけでなく自分に協力してくれる人やビジネスの環境や運なども必要で、それらを総合的に考える必要があると思います。ハードスキルだけが足りないのであったり、ハードスキルで勝負する経営者を目指すのであればコンサルタントになるのは経営者への最短経路と言ってよいと思いますが、そうでない場合には他の道のほうが有力な可能性も十分にあると思います。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。